So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

武井咲 黒革の手帖 [芸能]

7月20日から放送がスタートしたドラマ「黒革の手帖」(テレビ朝日系)で、女優の武井咲(23)が主人公・原口元子を史上最年少で演じ、視聴者やメディアからも注目が集まっているようです
松本清張の長編小説を映像化したテレビドラマは、過去に何度も映像化されてきた作品で、事務所の先輩・米倉涼子(41)の出世作でもある。ただし、奔放な恋愛経験を重ねてきた米倉と違い、まだ若く、しかも清純な役柄で売ってきた武井が妖艶な悪女ホステスを演じられるか、制作が発表された当初から不安視されていた。

 こうした見方について、本人も承知している様子で、制作発表の記者会見では「できるの?と、試すような目が多い気がする。元子のように打ちのめしたいなって思っています」と、意気込みを語っていた。

 初回の視聴率は11.7%、2話目も12.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とまずまずの出足だった。放送を見たドラマファンなどからは、武井の美しさや眼力を褒める声が上がっている。

「気が強く、嫌な女をよく演じられていて、迫力は十分でした。事務所に期待されきた武井は、これまで多くの仕事をこなして、キャリアを積んできただけに、それに応える形で実力が身に付いてきたのかもしれませんね」

 女性週刊誌の芸能担当記者もこう証言する。

「事務所がモデル部門に強いということもあり、所属するタレントも演技派というより、とにかく美しい、そこにいるだけで華がある人が多い。先輩の米倉や上戸彩は存在感が段違いで、CM業界でも重宝されています。その役になりきるというよりは、彼女たち自身がそのまま現れたような演技になっている。そういう意味でも、これまで清純な役を演じてきた彼女が、これだけ“凄み”のある演技を見せているので、『どっちが本当の武井さんなんだ?』と思わせるところが見どころかもしれません」

 また本作で脚本を手掛けているのは、NHK朝ドラ「マッサン」(2014年)を手掛けた羽原大介氏。映画『パッチギ!』(05年)や『フラガール』(06年)などの大ヒット映画も手掛けてきた同氏が、本作でも武井に合わせて「銀座最年少ママ」といった新設定が加えられている。どんな展開がまっているのか、これまでの映像化作品のファンであっても、期待が膨らむギミックがありそうだ。

 武井以外にも仲里依紗(27)など豪華で見応えのある演技ができる出演者が揃っており、これからも視聴率はあがっていきそうだ。武井にとっても、偉大な先輩である米倉の作品という壁や、これまでもたれていた清純派という壁を乗り越える“正念場”の作品。気合も十分で楽しめそうですね

今井絵理子議員 [ニュース]


元「SPEED」の今井絵理子・参議院議員(33)が神戸市議会議員の男性と不倫関係にあることを、26日、『デイリー新潮』が報じたようです

相手男性は、妻子ある既婚者だという

報道によれば、今井議員は「男性に好意があることは認めながらも、不倫関係については否定している」という。
今井議員といえば昨年の参院選で当選し、議員として活躍している一方、聴覚障害をもつ息子を育てるシングルマザー。
5日には自身のSNSに「息子が私の全てだもの。母にもお世話になり、仕事と両立させながら幸せに親子やってます」と家庭の様子をつづっていた。

報道を受け、ネット民からは怒りの声が。やはり、相手男性が既婚者であることは非難の対象のようだ。
また議員という立場も関係しているだろうが、「政治家にふさわしくない!」との声も。
・今井絵理子さんが当選した時から、いい予感はしなかった。こんな議員たちを食わせる税金は払いたくない
・シングルマザーだから政治家だから恋愛するなとは言わない。独身同士ならまだそこは自由恋愛だし、と思うのだが議員同士で不倫ってことになると、お前ら何やってんのってモヤモヤする人多いよね
・今井絵理子…過去に憧れた人だとは思いたく無い、、悲しい。政治家になって色々言われても、真面目に真摯に励んでればいいのに、何これ
・今井絵理子が不倫してようがしてまいがどうでもいいけど、政治家としてふさわしく無いと思ってたのでこの際辞職してほしい

さらに、母親という立場での不倫報道に「母親失格」と厳しい非難も。
・不倫が事実かどうか分からないけど、今こんだけ叩かれてる中で、誤解されるような行動するなよ!  議員であり母親なんだからさ!
・子供は障害と向き合って頑張ってるのに、お前は何してんだよ、母親として失格
・そんなことしてる暇があったら、息子との時間を作ってやればいいのに。愛情を注ぐのが他の人になってる。これじゃ息子が可哀想すぎる
・本当に最低だと思う。自分の子供は? 相手の子供は? 欲に溺れると、その他のことがどうでもよくなってしまうんだよね。怖いね

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,357名に「不倫をする人」について調査したところ、「違和感がある」「おかしいと思う」といった「不倫否定派」は6割以上という結果に。

女性の場合、7割が怒りを感じているようだ。自身が母親であるといったケースならなおさら怒りが湧くだろう。
不倫が事実ならば許されない話だが、詳しい内容は27日発売の『週刊新潮』で報じられるそうです

ぺこ りゅうちぇる [芸能]

 昨年12月に結婚したタレントのぺこ(22)とりゅうちぇる(21)が25日、大阪市内でデザイナー桂由美氏(85)のブライダルショーに出演した。りゅうちぇるは若くして結婚したことに「後悔していない。結婚ってステキなこと」と、幸せぶりをアピール。挙式は「今年中には…」と語ったそうです

 2人は袴など3種類のペアファッションを披露した。オープニングでは、ぺこがピンク色を基調とした花が全面に配されたショートドレスで「女の子の夢がつまってて、嬉しすぎる」と感激。りゅうちぇるも、上半身はフォーマルなタキシードにバルーン型のブルマー姿で「結婚して、こんな風にオシャレして皆に見てもらえるの、久しぶりだよね~」と張り切った。

 りゅうちぇるは21歳での結婚を周囲から「若い」と言われたというが、「大好きな人、大切な人とずっと一緒にいる自信があればいいと思う」と話した。ぺこから「絆も深まるしね。名字も比嘉になったし」と言われると、「りゅうちぇるだから、僕!名字言わないで~」と制止して、笑わせた。

 終演後、桂氏から「結婚式はやらないの?」と問われ、ぺこは「式はやりたいなと思ってます」と笑顔。りゅうちぇるも「今年中にはするんじゃないかな、って思います」と続いていた。

杉浦太陽 毛虫 [芸能]

俳優の杉浦太陽が21日、虫刺されのかゆみで病院に行ったことを自身のブログで報告した。身体には200箇所ほどの虫刺されの痕が見られたといい、杉浦は大変な痒みを訴えているよう

 この日、杉浦は「くそ~っ!痒いっ」というタイトルでブログを更新。「昨夜から痒い、痒いと思って朝起きたら、200箇所くらい虫刺されの痕が なんじゃこりゃ~」と朝から驚いたという杉浦は皮膚科へ。診断によると、原因は毛虫だそうで、医師からは「これは痒いの、辛いですよね~」と同情されたとのこと。

 杉浦は「いや、ホントに痒いっす。衣服に少しでも羽?みたいなのが付いてたら、広まっちゃうんだって…だからって、200箇所も…こりゃ、昨日の名古屋で外に出てたときか…まぁ、うつらないそうなので一安心だか…チャドクガじゃなくて、まだ良かったとのこと…だが、痒いもんは、痒いっ 早く、薬よ効いてくれ~~」と苦しみつつも、「皆さんも、この時期虫刺されには気をつけてくださいねっ」と読者に注意を促したそうです

ブルゾンちえみ [芸能]

お笑いタレントのブルゾンちえみ(26)が19日、日テレ系「徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました」(水曜・後9時)に出演し、持ちネタ誕生のきっかけなどを語ったそうです

 米歌手オースティン・マホーンの「ダーティ・ワーク」を使った「キャリアウーマン」ネタについてブルゾンは「せっぱ詰まってて、ネタ見せ明日だという時にYouTubeとか漁って。たまたまたどり着いて。オフィスな感じいいな。この曲もすごい耳に残る。よし、じゃあ音楽はこれ。設定はオフィス。という感じ」でミュージックビデオから発想していったという。そして今年元日に同局系で放送された「ぐるナイ!おもしろ荘 若手にチャンスを頂戴今年も誰か売れてSP」に「ブルゾンちえみ with B」として出演し、優勝した。

 そんなブルゾンだが、好きなタイプは「おとなしい人」。今の推しメンは将棋の藤井聡太四段(14)。「将棋の邪魔は絶対したくない。絶対それだけは避けたい」とコメントした。

 ブレーク後は男性と付き合っていないというが、「キスは?」とMC陣から問われるゴニョゴニョ。「私を知っている日本人はなかなかいけないので。私の知っているネパールコミュニティーを使って。そこは安全地帯。別に漏れないし、日本人との関わりもないし『ブルゾンちえみを抱いたぞ!』という人もいない」と“自爆”気味に告白。するとMC陣から「抱きにいったな、お前。何月くらいや?」と問われると「ダーティ・ワーク」の音楽に乗せて「売れてすぐ」と暴露していたそうです

香るエコうちわ [日記]

あおぎやすく軽い!冷たく冷やして「氷うちわ」に
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】香るエコうちわ 新扇組 金魚
価格:3200円(税込、送料無料) (2017/7/19時点)



吉田栄作 中山秀征 平野ノラ [芸能]

 お笑いタレントの平野ノラ(38)が16日放送のフジテレビ系「ウチくる!?」(日曜・正午)に出演。憧れの俳優・吉田栄作(48)と初共演を果たし喜ぶんだが、吉田とMC中山秀征(49)の「とがっていた」時代に驚きを隠せなかったようです

 MCの中山、タレント中川翔子(32)とフリートークをする平野。突然、予想してもいなかった吉田が現れ「本当イイ男。ずっとイイ男。マンモスうれP」と初共演に喜んだ。さらに、平野が肩パットのネタにする「吉田の白いTシャツ」。吉田は「一昨日着ていた」という使用済みの「白いTシャツ」を平野にプレゼントした。

 平野は「夢ってかなうんだね」と言うと即、肩パットに収納し「すごいしっくりくる」と歓喜した。

 その一方で驚がくの事実も判明した。吉田は中山と2年間、共演NGだったという。2人の出会いは吉田のデビュー直後だった。エレベーター前で、先輩の中山から初対面の吉田にあいさつ。だが、吉田は無視したままエレベーターに乗り込んだという。

 それをきっかけに2人の関係がギスギスし「仕事でも口もきかなかった」という。吉田は「初めて飲んで、結果、和解するんですけど、和解したときの僕の言葉が『僕はちゃんとあいさつしました。背中で』」と名セリフ。バブル時代の秘話を披露して、平野を驚かせていたようです

中居正広 カールスモーキー石井 [芸能]

 元SMAPの中居正広(44)が15日、司会を務めるTBSの大型音楽番組「音楽の日」(後2・00~翌前5・00)に生出演。「米米CLUB」のカールスモーキー石井こと石井竜也(57)が生放送で突如披露した危ない“物まね”にさすがの対応を見せる一幕があったそうです

 番組スタートから2組目に登場した米米CLUB。石井は演奏前のトークで中居、同局の安住紳一郎アナウンサー(43)とともに登場すると、俳優・船越英一郎(56)と泥沼離婚騒動を繰り広げる松居一代(60)がユーチューブに投稿した動画を真似て胸に手を当て、「こんな真夜中にすみません」といきなり“暴走”をスタートした。

 瞬時にネタを理解した中居が「お昼の2時過ぎですよ。夜中じゃないです」と反応すると、石井は「私のヤツに対する気持ちを、きょうは…」と続け、米米CLUBのメンバーは爆笑。中居は「やめなさい。ユーチューブじゃないんだからやめなさい」と笑いながら制止すると「ボーカルどうにかしなさい。皆さんがどうにかしないからこうなっちゃったんです」とメンバーにもツッコミを入れた。その後も「私をこうやって陥れて…」と真顔で続ける石井に対し、中居は「何のノートもないから」と自ら“恐怖のノート”に言及。最後は安住アナが「それでは歌の準備をお願いします」と絶妙のタイミングで割って入り、爆笑のうちに“ネタ”を打ち切った。

 米米CLUBはメドレーで「愛はふしぎさ」「浪漫飛行」を披露。石井は曲の合間には「次は浪漫飛行歌います~すっすっす」と元秘書への暴言・暴行疑惑の渦中にある豊田真由子衆院議員(42)の物まねを披露する暴走ぶりだったようです

山本美月 [芸能]

モデルで女優の山本美月(25)が、7月22日発売の『CanCam』9月号(小学館)をもって、8年間務めた同誌の専属モデルを卒業する。卒業に際し山本は「CanCamにはうんと育ててもらったので、ここから社会に飛び出します!」とコメントを寄せたそうです

 山本は2009年、福岡在住の高校3年生の時『東京スーパーモデルコンテスト』でグランプリを受賞。その後『CanCam』専属モデルとしてデビュー(2009年11月号)し、モデルとしてのキャリアをスタート。

 翌12月号(2009年10月23日発売)で表紙デビュー(徳澤直子・西山茉希・安座間美優・舞川あいくとの合同表紙)。初の単独表紙は2012年2月号(2011年12月23日発売)。8年間で37回『CanCam』表紙を飾るなど、モデルとして同誌をリードし続けてきた。

 山本は「最初は私にできるかな?って、正直不安だったけど『CanCamは日本でいちばん有名な雑誌!』と思っていたから、専属モデルになれたことは、とってもうれしかったです」と、当時の心境を明かし「右も左もわからなくて、ポージングなんて、全然わからなかったし、カメラマンさんに“とりあえず動かないで”って言われたぐらいでした(笑)」など、同誌で経験した思い出を回顧。

 「常に上を見て走り続けてきた感じでした。さらに女優のお仕事を通して、いろんな出会いや経験があって自分の世界がぐんと広がりました! モデルとしての基礎をイチから教えてくれたCanCamをひと言でいうなら“社会人になるための学校”だったかな。この中で、本当に色々な経験をさせてもらって、すごく感謝してますし、CanCamモデルとしては全部出しきったと思います! CanCamにはうんと育ててもらったので、ここから社会に飛び出します!」と決意を新たにしている。

 卒業号となる9月号では、16ページにおよぶ山本美月スペシャル特集を掲載。サイパンでの撮り下ろし、卒業についての本音を語った独占インタビュー、大好きなアニメ『少女革命ウテナ』のコスプレシューティングなど、モデルとしての山本美月の魅力を閉じ込めた一冊となる。

以下、コメント全文

最初は私にできるかな?って、正直不安だったけど、「CanCam は日本でいちばん有名な雑誌!」と思っていたから、専属モデルになれたことは、とってもうれしかったです。右も左もわからなくて、ポージングなんて、全然わからなかったし、カメラマンさんに“とりあえず動かないで”って言われたぐらいでした(笑)。

現場に少しずつ慣れてくると、今度は自分のできなさに落ち込む日々。CanCam に向いてないかも…って悩んだ時期も。当時の編集長に「美月は美月だから、美月の何かをつくってほしい」という言葉が自分の存在を認めてもらえた気がして、うれしくて・・・それで吹っ切れました。

「単独で表紙を飾りたい!」「自分の名前がついた企画がやりたい!」そして「CanCam をもっともっと盛り上げたい!」…欲がどんどん出てきて、常に上を見て走り続けてきた感じでした。さらに女優のお仕事を通して、いろんな出会いや経験があって自分の世界がぐんと広がりました!

モデルとしての基礎をイチから教えてくれたCanCamをひと言でいうなら“社会人になるための学校”だったかな。この中で、本当に色々な経験をさせてもらって、すごく感謝してますし、CanCamモデルとしては全部出しきったと思います! CanCamにはうんと育ててもらったので、ここから社会に飛び出します!
タグ:山本美月

LED シーリングライト 調光 タイプ [インテリア]

アイリスオーヤマ LED シーリングライト 調光 タイプ ~6畳 CL6D-5.0

安い!


SEO対策テンプレート