So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

岡田紗佳 [芸能]

女性ファッション誌『non-no』専属モデルの岡田紗佳(23)が、14日発売の『週刊ヤングジャンプ』2号(集英社)のセンターグラビアに登場。プロ雀士という異色の経歴を持つ美女が、圧倒的な美しさの“役満ボディ”を大胆に見せつけたようです

 岡田は日本プロ麻雀連盟所属女流麻雀プロであり、日本と中国のハーフで特技は上海語と北京語と英語、青山学院大学を卒業の高学歴など、様々な肩書と経歴を持つ“完璧すぎる”才女。さらに、物怖じしないトークが注目を浴び、現在はバラエティー番組でも活躍するなど、ブレイクタレント候補として話題となっている。

 グラビアにも進出し、モグラ女子としても人気が高まる岡田の最新グラビアは、大人のセクシーな一面を披露。大きなバスト、キュッとくびれたウエスト、スラリと伸びた長い足…と、最強プロポーションを存分に味わうことができる。

 また、同号の表紙と巻頭グラビアには『仮面ライダーエグゼイド』でヒロインを演じた女優の松田るか(22)、巻末グラビアには新人女優の竹内愛沙(16)が登場するそうです
タグ:岡田紗佳

共通テーマ:グラビア

紗栄子 次男 [芸能]

タレント・紗栄子(31)が13日、インスタグラムに次男の写真を投稿し「♯次男 #7歳 #15歳の彼女がいるらしい #ホントですか?」とタグを付けたそうです

 前夫でドジャーズのダルビッシュ有投手(31)と2007年に結婚し、長男(9)と次男(7)をもうけた。今回の投稿は次男についてのものと思われ、その彼女が15歳であることを示唆。驚きの言葉を付け加えている。兄弟は9月からロンドンの名門校に入学。寮生活だが、週末だけ親元に帰ることができるという。

 コメント欄には「さすがさえちゃんの息子さん さえちゃん譲りでとっても優しくてジェントルマンでかっこよさそうですもんね 海外の15歳は日本の15歳よりずっとお姉さんな見た目してますし中身も日本とは違うし、ちょっとママ気になっちゃいますね」「次男くんすごいですね!7歳で15歳とっ どこの方かも気になりますっ」などがかき込まれ、ファンも興味津々になっている様子だ
タグ:紗栄子

共通テーマ:芸能

NMB48 吉田朱里 [芸能]

NMB48の吉田朱里が11日、自身のTwitterを更新。どアップショットを披露し、反響が寄せられているようです

その圧倒的なコスメ量、美容知識を追求する姿から”女子力おばけ”(命名:山本彩)という愛称を持つ吉田。この日は朝から撮影をしていたことを明かしており、前回の投稿で「今から次の撮影まで少し空き時間だから締め切り間際の動画を編集しちゃいます」と、吉田が得意とする美容ネタを活かしYoutubeで発信する「女子力動画」の編集を行うことを宣言していた。
数時間後、吉田は「編集終わったぁ!マネージャーさんにドヤ顔できるぅー!うっしゃー!吉田は、それをモチベに編集頑張った(笑)」と動画の編集が終わったことを喜びながら報告し、笑顔でピースサインをする写真を投稿。写真は至近距離で撮られており、吉田の美肌が際立つショットとなった。
◆どアップショットに歓喜の声
コメント欄には「アカリン本当に天使!天使かと思った」「相変わらず可愛い~憧れます」「肌すべすべ!羨ましい」「どアップでもめっちゃ可愛い~」「肌つやつやで凄く美肌ですね!」「綺麗な上に可愛いって羨ましい!」「このナチュラル感素敵です」など絶賛の声が多数寄せられている

共通テーマ:芸能

友利新 不育症 [芸能]

皮膚科医でタレントとしても活動する友利新が9日、ブログを更新。ドラマでも取り上げられた「不育症」についての思いをつづったそうです

友利は2013年11月に一般男性と結婚。14年7月に第1子男児を、16年8月8日に第2子女児を出産している

 TBS系ドラマ「コウノドリ」(金曜、後10・00)を録画で見たという友利。メインテーマとして取り上げられていた「不育症」について「私自身も妊婦健診の時は、急に大丈夫かな?と不安が襲うことがありそれが毎回毎回、襲ってくると考えると胸が張り裂けそうな気持ちになります」と自らの体験をもとにつづった。

 8日の放送では、過去2回流産をしている妊婦がサクラ(綾野剛)の元を訪れたが、診断の結果、今回も胎児に心拍はなく、3回目となった流産に不育症を自ら疑う…という物語だった。「不育症」という言葉は、流産、死産などを繰り返して結果的に子供を持てない場合に使われることが多いが、何回流産を繰り返すと不育症と定義するかなど、統計的なものは決まっていない。

 友利は「ドラマでもありましたが糖尿病や抗リン脂質症候群などの自己免疫疾患子宮奇形など『これ』という原因がない方も多いのが現状です」と医師の見地から説明。「確かに医学的に流産は珍しい物ではないけれど、それが自分自身に起こるとは、だれも考えていません。統計じゃなく、患者さんの気持ちに寄り添わなくちゃ、という小松(※吉田羊)さんの言葉がずしりときました」と伝えた

共通テーマ:テレビ

奥様は、取り扱い注意 [芸能]

綾瀬はるかと西島秀俊が出演するドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の最終回が6日に放送。ついに、西島の真の姿が明らかになり、綾瀬との夫婦関係が変化していく様子が描かれた。さらに、西島が綾瀬に向かって銃を構えた後、銃声だけが響いて本作が終わったことから、SNSでは「えっ!あんな終わり方あり?」「ラストで鳥肌たった」と驚きの声が上がっているようです


 愛する旦那・勇輝(西島)の本当の姿を小雪(西尾まり)から知らされた菜美(綾瀬)。ついに史上最大の夫婦喧嘩が勃発したものの、お互いへの愛を再確認した二人は、一時休戦する。任務のために菜美に近づいたが、本気で菜美を愛してしまった勇輝は、ドイツで“普通の主婦”として暮らすことを提案するが、菜美は受け入れられない。そんな中、優里(広末涼子)は横溝(玉山鉄二)との対決を決意。しかし、横溝は自分に服従している主婦たちへの見せしめに、優里に暴力をふるい、優里は入院してしまう。勇輝は事件を黙殺するよう忠告するが、菜美は親友の幸せを守るために、横溝への復讐を決意するのだった…。

 勇輝の正体が明かされ、菜美と愛し合いながらも意見は対立し、ついに横溝との戦いも描かれた最終回。怒涛の展開と驚きのラストシーンに、ネットでは「あれでしょ、あの銃声のあとに西島さんが『…たった今、君は死んだ』って言って二人で違う名前で生きていくんでしょ(願望)」「伊佐山菜美を殺して新しい人として生きることを選んだのか…??」と“その後”の展開を予想するコメントが相次いだ。

 また、今話では綾瀬のキレキレのアクションシーンも印象的だったことから、「最終回よかった! 綾瀬はるかのアクションシーンキレっキレだった。西島さんダンディーで素敵だった」「アクションそーとーかっこよかった!」と絶賛する声も多数集まったそうです

共通テーマ:テレビ

大神いずみ [芸能]

フリーアナウンサーの大神いずみが1日、フジテレビ系「ノンストップ!」で、2人の息子達のお受験を振り返り「すっごい、くだらなかった」と振り返ったそうです

 番組では「お受験 親の代理戦争」と題し、親同士の嫉妬などを議論。大神は長男、次男で小学校受験を経験したが「今から思うと、過ぎちゃったからだけど」と前置きし「すっごい、くだらなかった」と力を込めて断言した。

 大神は「子供のことなのに、あの子の親の方がいい服着ているとか、どこどこの教室行っているとか、そういうことを気にする自分がいて…」と述懐。長男のお受験時には「誰々さんが(子供と)同じ学校受けると思ったら、そのお母さんへの意識が。あそこ受かってうちが落ちたらどうしようとか」と、相手の子供だけでなく、親への対抗心などもわき起こり、心中乱れたという。

 だが2度目となった次男のときは「まったく気にならなかった。長男の時でくだらないということが分かったから」と振り返った。

 受験が「くだらない」とした理由について聞かれると「一生懸命やって、合否の結果が出るけど、入学してしばらくたった時に、よしよしと思っていた通りにはいかない」とコメント。「いい学校に入ったけど登校拒否になったり、受験失敗したけど、サッカーが秀でてきたとか。(受験の後の)その先も続いていく。そう思った時に、あのときのあのくだらない戦争は何だったんだろうと」と語っていた。
タグ:大神いずみ

共通テーマ:テレビ

乃木坂46 斎藤飛鳥 [芸能]

乃木坂46の斎藤飛鳥(19)が28日、トークアプリ「755」の自身のアカウントを更新。同日放送の日本テレビ「ベストアーティスト2017」でコラボした「嵐」に謝罪したそうです

 斎藤は「大変申し訳ない」と切り出し、「先程出演していたベストアーティスト生放送。嵐さんとコラボさせて頂いたんですが、わたしどうやら歌詞を間違えてしまったみたい。全く気づかなかった....」と告白。「ええと、正直に言いますと、珍しく緊張しておりました..国民的スターの皆さんと同じステージに立つのは畏れ多いと」と緊張していたことがその理由だとしつつも「の、わりにちょっと楽しんでしまい、今の今まで気がつきませんでしたね。全く」と続けた。

 「嵐の皆さん、嵐ファンの皆さんへ、ここで発信したところで届くはずがないのはわかっておりますが、とにかく早くごめんなさいをしにきました。本当に申し訳ない。すみません...」と謝罪した。

 さらに「コラボさせて頂いた曲、小学生の頃はラップ部分をフルで歌えてたんですね。なのでこのミスは考えられない」と子供の時はちゃんと歌えていたと強調。「自分でも驚いています。いや、往生際が悪い。心から反省しております...」と反省しきりだった。

 乃木坂46は「みんな踊れる!振り付けソング50年メドレー」で嵐とともに「A・RA・SHI」を披露。通常は櫻井翔(35)が担当する同曲のラップ部分を乃木坂のメンバーが順番に披露した。番組では歌詞がスーパーで出ていたこともあり、オンエア後、ネットで歌詞の間違いを指摘する声が出ていたようです

共通テーマ:音楽

にしおかすみこ 平野ノラ [芸能]

かつて「SMの女王様」キャラでブレークしたお笑い芸人のにしおかすみこさん(43)が、芸人仲間の平野ノラさん(39)のSNSに再び登場したそうです

 今度は、お嬢様っぽい服装で写っており、その変わりようが話題になっている。

 にしおかさんは、2006年にブレークした後、テレビでの露出が減っていたが、17年9月に平野さんのインスタグラムに登場して反響を呼んだ。このときは、平野さんの持ちネタ「しもしも」のポーズを取るなど芸人らしさもあった。ところが、11月に入って、平野さんのブログやインスタに再び登場すると、芸人らしさが薄くなったという印象が持たれている。

 平野さんが24日にインスタに上げた写真では、全体に茶色っぽい地味な服を着ている。クリスマスの装飾を背景に、にしおかさんとお笑いコンビ「フォーリンラブ」のバービーさん(33)の女性3人で「やっP~!」という右手を上げる平野さん持ちネタのポーズで収まっていたが、にしおかさんには、「女王様」の面影はすっかりなくなっていた。

 この写真は、平野さんが14日未明にツイッターですでに投稿している。前日に3人で集まったらしく、にしおかさんの15日のインスタでは、和牛料理店で一緒に食べた様子が紹介されていた。

 にしおかさんの最近の様子に、平野さんのインスタ上では、

  「誰かと思ったらにしおかすみこさんだ~」
  「一般人みたいw」
  「にしおかすみこ嬢!」

などと驚く声が出ていた。

 にしおかさんは、最近はマラソンのほか、トレッキングもやっている様子で、18日の誕生日には、その姿を映した写真をブログにアップしていた

共通テーマ:お笑い

奥様は、取り扱い注意 西島秀俊 [芸能]

綾瀬はるか主演のドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第8話が22日に放送された。西島秀俊が演じる、主人公・菜美(綾瀬)の夫が、空き巣のふりをしたプロの殺し屋と対等に闘えることが判明し、その正体が徐々に明らかになってきたことから、「西島さんの本性がとうとうでてきて面白いーー!」「最初からこの旦那はなんかあると思ってた」という声が多数集まり、大きな反響を呼んでいるそうです


 今回は、菜美の近所で空き巣事件が発生し、菜美が事件解決に乗り出す。ある日、菜美と優里(広末涼子)、京子(本田翼)は、近所に住む妙子が主催するホームパーティーに出席することになった。妙子の夫は、1年前に収賄疑惑で世間を騒がせた大物政治家で、イメージ回復のために、時折パーティが開かれるのだという。渋々、パーティーに参加した3人だが、雰囲気を楽しむことができず、早々に帰宅することに…。数日後、菜美の家の近所で立て続けに空き巣事件が発生。菜美の家にも空き巣が入り、偶然居合わせた勇輝(西島)が犯人に襲われ、怪我をしてしまう。妙子のパーティーに出席していた家ばかり狙われていることに気づいた菜美は、夫を傷つけた“真犯人”への復讐を決意するのだった。

 第1話から、西島の正体についてSNSでは推理合戦が行われていたが、今話では、ドラマのラストに西島の「彼女は気付き始めている」というナレーションが入ったことから、「やっと西島さんの裏の顔が見えてきたーーー!!!続きが気になり過ぎる!」「視聴者は第1話から、あなたが只者ではないことくらい気づいてました!」「お前がただ優しいだけの凡庸な旦那でないことぐらいこっちは初回からお見通しなんだよ!もっと早く見せろよ本当の西島秀俊を!何のための西島秀俊だ!早く味わわせてくれ嘘の匂いを…」「西島秀俊はやっぱりいつもの西島秀俊だった」「やっぱりーーーーー!!って皆の声が聞こえるようだわ(笑)」など大きな話題となった。

 また、恒例となっている綾瀬のアクションシーンにも絶賛の声が集まった。今話ではナイフを持った殺し屋を相手に激しい殴り合いを繰り広げ、「今日のアクションは秀逸だった! 感動です」「綾瀬はるかさんのアクションシーン、キレてましたなー」「綾瀬はるかさんの身のこなしがシャープで見惚れる」「今回は敵がザコじゃなかったから、綾瀬はるかちゃんのアクションが堪能できた!回を増すごとにどんどん面白くなっていくな」といったコメントが寄せられているそうです

共通テーマ:テレビ

佐々木希 元カレと現夫 [芸能]

昔の恋の相手と結婚相手が隣10cmの距離で共演していたら…見ている方はドギマギするが、当の本人たちはどんな思いなのか。この日、はじめに注目を集めたのは「にのあい」コンビだった

「はしごを下りるときにすっと手を差し伸べたり、みそ汁の具を分け合ったり。ニノと相葉くんの仲のよさが伝わってきて、と思わず微笑んでしまいました」(番組関係者)

 11月12日に放送された嵐・相葉雅紀(34才)のバラエティー番組『相葉マナブ』(テレビ朝日系)の1時間スペシャルに、主演映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』のプロモーションを兼ねて二宮和也(34才)がゲストとして登場。2人のやりとりにファンは大興奮していたが、別の「組み合わせ」にも注目が集まることとなったそうです

 この日の収録は長野ロケ。相葉と二宮、そして番組レギュラーのアンジャッシュ・渡部建(45才)とハライチ・澤部佑(31才)が並ぶ。二宮が登場すると、渡部は「スターが来た、本当に!」と大絶賛。二宮へのおもてなし企画が始まったが、いつにも増して二宮が苦笑気味の様子、のような

「いや、いつも通りでしたよ。でも普通~っぽくなんですけど、渡部さんが結構二宮さんに話しかけるもんですから逆に2人を意識して見てしまうところはありましたね」(テレビ局関係者)

「にのわた」コンビに注目が集まったのも、先月、渡部が佐々木希(29才)と結婚披露宴を終えたばかりだから。

「もともと、二宮さんと渡部さんは仲がよかったのですが、渡部さんと佐々木さんが交際してから少し疎遠になっていたと聞きました。かなり前のことですが二宮さんと佐々木さんも交際が報じられたことがありましたから。いわば今回は元彼と夫の共演で、気になってしまうのも無理ないですね」(芸能関係者)

 早めにロケを終えようとする二宮に渡部が「巻こうとしてるな!」とツッこむなど大人な2人のやりとりだった。

 結婚はまだまだなさそうな二宮だけど、今年の紅白歌合戦の白組司会者に決定! 総合司会の内村光良(53才)と共に大役を担う。

※女性セブン2017年11月30日・12月7日号
タグ:佐々木希

共通テーマ:芸能
SEO対策テンプレート