So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

陸王 [日記]

12月3日放送の連続テレビドラマ『陸王』(TBS系)第7話の平均視聴率が、14.7%と大幅ダウンしたことがわかったそうです

裏番組で日本一の漫才師を決定する『M-1グランプリ2017』(テレビ朝日系)が放送されていたことが大きく影響したようですね

ただ、今回に限らず話の展開によっては次週以降も厳しい展開になってしまう可能性もある。
前回のタチバナラッセル・橘健介社長(木村祐一)の裏切り行為によってランニングシューズ「陸王」のアッパー素材を失ってしまったのに続き、第7話ではソールの素材であったシルクレイをつくっていた機械が故障して、復旧不可能な状態になってしまった。そして、その機械を新たにつくり直すと、1億円ものお金が必要になってしまうというのだ。
陸王の開発費を融資してもらうだけでも苦労していたのに、その2倍以上もの金額を銀行から融資してもらえるはずもなく、またもや窮地に立たされた「こはぜ屋」。このあまりにも困難が続く展開に「ドラマとはいえ困難が続きすぎて冷める」という意見が多発している。せめて「一難去ってまた一難」ならよかったのかもしれないが、アッパー素材の代替が見つからないうちにソール素材をつくる手立ても失ってしまうのは災難が続きすぎで、見ていてつらいほどだ。
また、茂木裕人(竹内涼真)が受けた雑誌のインタビューのシーンについても、「一度だけではなく二度もコケにされて不愉快!」「悔しすぎる」と不満に思った人が多かったようだ。極めつけは、前回放送で、元プロテニス選手で現在スポーツキャスターの松岡修造が登場すると予告し、視聴者に期待を持たせていたのにもかかわらず、松岡が画面に映ったのはエンディングでの数秒間だけだった。言葉さえも発していないこの状況に、松岡の演技を期待していた人は完全なる肩透かし食らってしまったのだった。
同ドラマ原作者の池井戸潤氏といえば、同じ日曜劇場で『半沢直樹』『下町ロケット』など企業の再起をかけたヒットドラマ作品があるが、いずれも勧善懲悪でいい意味での“予定調和”が魅力となっている。それが今作品でも評価されていたが、今回は視聴者が想像していた展開と違ったようで「今回はつまらなかった」と評価を下げる結果になってしまったようだ。
●感動シーンも
だが、そんななかでも、視聴者の心を打つシーンはたくさんあった。ひとつ挙げるとするなら、陸王の夢を絶たれ自暴自棄になっている「こはぜ屋」社長の宮沢紘一(役所広司)と息子・宮沢大地(山﨑賢人)がケンカするシーンだ。
大地は前話で「自分がアッパー素材の代わりを見つける」と言っていたが、それをやめて就職活動をしていると勘違いした紘一が大地に八つ当たりする。声を荒げる紘一を無視して大地は出ていくが、実は大地はひとりあきらめずにアッパー素材の製造を引き受けてくれる会社を地道に探し続けていたのだ。
このことを紘一が知るのは、自宅でスーツ姿のまま酔いつぶれて寝てしまった大地に声をかけたときだ。娘の宮沢茜(上白石萌音)から「お兄ちゃんは、お父さんがあきらめないって信じている」と教えられ、大地が必死に企業に働きかけていることを知る。
自分の本当にやりたいことを見つけたというのはもちろんだが、おそらく大地は、夢を絶たれて、もぬけの殻のようにやる気を失ってしまった父の姿を見ていられなかったのではないだろうか。もしくは陸王を完成させたときの活気に溢れたみんなの姿が好きだったのかもしれない。そう考えると、大地の切ない思いに胸が熱くなってしまった。
「こはぜ屋」に吸収合併の話が出ているが、次回以降でどうなるのだろうか。あまり突拍子もない展開は避け、できるだけ予定調和で進んでいってくれたほうが安心して見られるというものだ。
タグ:陸王

共通テーマ:テレビ

ふなっしーテレビ出演が激減した理由 [日記]

ご当地キャラクターふなっしーが19日、日本テレビの深夜番組『暇人ラヂオ』に出演し、最近の活動について語ったそうです

ふなっしーといえば、2013年の『ゆるキャラブーム』の波に乗り、ハイテンションな動きや毒の効いたコメントが注目されて以来、テレビに出ない日はないほどに活躍してきた「ゆるキャラ界のスーパースター」だが、最近ではテレビで観る機会はさほどない

『暇人ラヂオ』では司会の塚地武雅が、ふなっしーに対し「以前ほど見なくなりましたよね。(テレビは)制限されているんですか」とキラーパスをぶつけたところ、ふなっしーは、いつものテンションで「体力的に厳しくなって…テレビ関係者をしばらくブロックしていた」と、最近の露出の低下は自らの意思で行っていたことを明かしたほか、「ご当地キャラとして誕生したのに、海に沈められたり爆破されたりといったぞんざいな扱いに疑問を感じていた」と切実な一面を告白した

現在は、企業や自治体の公式イベントへの出演がメインで、ふなっしーいわく「(イベントの)ギャラはテレビの約5倍は貰える」とのことで、今後もテレビには積極的に出演するつもりはないという

現にふなっしーのコラボ効果は、ブームが去った今も絶大で、現在は地元千葉県を走る新京成電鉄との企画『新京成×ふなっしー地上降臨5周年プロジェクト』を開始。鉄道会社を巻き込んだ大規模なイベントを展開しているほか、グッズ展開も手広く行っており、常設のグッズ店「ふなっしーLAND」も現在4店舗が閉店することなく順調に運営している

一時期は「消えた」との噂もあったふなっしーだが、「干された」というよりも「新たなステージへ進んだ」といった表現のほうが正しいのかもしれないですね
タグ:ふなっしー

共通テーマ:日記・雑感

網戸お掃除ローラー [日記]


共通テーマ:日記・雑感

白戸家シリーズ [日記]

ソフトバンクの新CM発表会が7日、都内で行われ、女優の樋口可南子(58)、杉咲花(20)、俳優の竹内涼真(24)が出席。07年から続く人気CM「白戸家シリーズ」の新展開が発表されたそうです

 「白戸家シリーズ」ではこれまで、樋口と「お父さん犬」の夫婦と、娘に女優・上戸彩(32)、息子に俳優・ダンテ・カーヴァー(40)という家族で構成されていた。だが、最新のCMでは、竹内、杉咲と俳優・古田新太(51)の3人が「新・白戸家」として出演。従来のメンバーの“卒業”が示唆されていた。

 この日は新CMの概要として、従来の家族と新たな3人が全員、白戸家メンバーとして出演することが発表された。同社の榛葉淳副社長は、視聴者へのアンケートの結果、従来の白戸家を今後も起用してほしいという声が多かったことを明らかにした。

 新シリーズでは、上戸と古田が結婚し、竹内と杉咲は上戸の子どもになるという設定。引き続きの出演となった樋口は、卒業を示唆されたCM撮影時を「本当にドッキリの撮影だった。私も彩ちゃんもうろたえて、私は涙目になるし、スタジオを出たら彩ちゃんが泣いてて、移動中も2人で声を挙げて泣いたんです」と振り返った。

 さらに「今までいろんなゲストの方に来ていただいたけど、家族がいきなり3人というのは本当に初めて」とニッコリ。新メンバーの竹内と杉咲については「とても感覚が新しいんです。今までこういう人見たことないっていう感じで。変なんです」評した。

 新たにメンバー入りした竹内は「新シリーズも、すごく面白いです。白戸家が10年間やってきた中で、新しい家族として加わって、僕らのCMが面白いなと言ってもらえるように頑張りますので、楽しみにして下さい」とPR。樋口は「やっと周りの人に、白戸家はこのまま続きますと言える日が来てほっとしています」とにこやかに話した。

共通テーマ:日記・雑感

コスホリック 橋本ありな [日記]

2017年8月12日(土)に開催された、オールジャンル同人誌即売会・コスプレイベント「コスホリック21」

「コスホリック」は、人気のコスプレイヤーさんやセクシー女優さんが自作の写真集やROMを頒布したり、コスプレを披露したりするイベント。18歳未満の方は入場することの出来ない成人向けイベントでもあります

そんな会場でカメラマンが発見したのが、清楚で可愛い顔にスラっと伸びた長い脚、ルックスもスタイルも最高の美少女、橋本ありな(@Arinahashimoto1)さん

https://gunosy.com/articles/Ru3PL

かわいい

共通テーマ:趣味・カルチャー

ビールの売り子カード [日記]

ヤフオクドームで話題になっている女優広瀬すず似の売り子が、ついに売り子カードに登場するそうです

同球場の売店では昨年からビール回数券(10枚つづり、7000円)に1枚、ビールの売り子カードを1枚つけて販売中

8月12日の日本ハム戦からメンバーがリニューアルされ、キリンでは広瀬すずに似ているとファンから人気のまなみさんが初登場する。販売は9月28日西武戦までの20試合。まなみさんは今季限りで売り子を卒業するため、今回が最初で最後のカードとなる

また同球場のアサヒNo.1売り子のまゆこさんも今季限りで引退。今回がラストとなる

今回は初の試みとして裏面にはそれぞれの私服姿も載っているそうです

共通テーマ:日記・雑感
SEO対策テンプレート