So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

友利新 不育症 [芸能]

皮膚科医でタレントとしても活動する友利新が9日、ブログを更新。ドラマでも取り上げられた「不育症」についての思いをつづったそうです

友利は2013年11月に一般男性と結婚。14年7月に第1子男児を、16年8月8日に第2子女児を出産している

 TBS系ドラマ「コウノドリ」(金曜、後10・00)を録画で見たという友利。メインテーマとして取り上げられていた「不育症」について「私自身も妊婦健診の時は、急に大丈夫かな?と不安が襲うことがありそれが毎回毎回、襲ってくると考えると胸が張り裂けそうな気持ちになります」と自らの体験をもとにつづった。

 8日の放送では、過去2回流産をしている妊婦がサクラ(綾野剛)の元を訪れたが、診断の結果、今回も胎児に心拍はなく、3回目となった流産に不育症を自ら疑う…という物語だった。「不育症」という言葉は、流産、死産などを繰り返して結果的に子供を持てない場合に使われることが多いが、何回流産を繰り返すと不育症と定義するかなど、統計的なものは決まっていない。

 友利は「ドラマでもありましたが糖尿病や抗リン脂質症候群などの自己免疫疾患子宮奇形など『これ』という原因がない方も多いのが現状です」と医師の見地から説明。「確かに医学的に流産は珍しい物ではないけれど、それが自分自身に起こるとは、だれも考えていません。統計じゃなく、患者さんの気持ちに寄り添わなくちゃ、という小松(※吉田羊)さんの言葉がずしりときました」と伝えた

共通テーマ:テレビ

奥様は、取り扱い注意 [芸能]

綾瀬はるかと西島秀俊が出演するドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の最終回が6日に放送。ついに、西島の真の姿が明らかになり、綾瀬との夫婦関係が変化していく様子が描かれた。さらに、西島が綾瀬に向かって銃を構えた後、銃声だけが響いて本作が終わったことから、SNSでは「えっ!あんな終わり方あり?」「ラストで鳥肌たった」と驚きの声が上がっているようです


 愛する旦那・勇輝(西島)の本当の姿を小雪(西尾まり)から知らされた菜美(綾瀬)。ついに史上最大の夫婦喧嘩が勃発したものの、お互いへの愛を再確認した二人は、一時休戦する。任務のために菜美に近づいたが、本気で菜美を愛してしまった勇輝は、ドイツで“普通の主婦”として暮らすことを提案するが、菜美は受け入れられない。そんな中、優里(広末涼子)は横溝(玉山鉄二)との対決を決意。しかし、横溝は自分に服従している主婦たちへの見せしめに、優里に暴力をふるい、優里は入院してしまう。勇輝は事件を黙殺するよう忠告するが、菜美は親友の幸せを守るために、横溝への復讐を決意するのだった…。

 勇輝の正体が明かされ、菜美と愛し合いながらも意見は対立し、ついに横溝との戦いも描かれた最終回。怒涛の展開と驚きのラストシーンに、ネットでは「あれでしょ、あの銃声のあとに西島さんが『…たった今、君は死んだ』って言って二人で違う名前で生きていくんでしょ(願望)」「伊佐山菜美を殺して新しい人として生きることを選んだのか…??」と“その後”の展開を予想するコメントが相次いだ。

 また、今話では綾瀬のキレキレのアクションシーンも印象的だったことから、「最終回よかった! 綾瀬はるかのアクションシーンキレっキレだった。西島さんダンディーで素敵だった」「アクションそーとーかっこよかった!」と絶賛する声も多数集まったそうです

共通テーマ:テレビ

陸王 [日記]

12月3日放送の連続テレビドラマ『陸王』(TBS系)第7話の平均視聴率が、14.7%と大幅ダウンしたことがわかったそうです

裏番組で日本一の漫才師を決定する『M-1グランプリ2017』(テレビ朝日系)が放送されていたことが大きく影響したようですね

ただ、今回に限らず話の展開によっては次週以降も厳しい展開になってしまう可能性もある。
前回のタチバナラッセル・橘健介社長(木村祐一)の裏切り行為によってランニングシューズ「陸王」のアッパー素材を失ってしまったのに続き、第7話ではソールの素材であったシルクレイをつくっていた機械が故障して、復旧不可能な状態になってしまった。そして、その機械を新たにつくり直すと、1億円ものお金が必要になってしまうというのだ。
陸王の開発費を融資してもらうだけでも苦労していたのに、その2倍以上もの金額を銀行から融資してもらえるはずもなく、またもや窮地に立たされた「こはぜ屋」。このあまりにも困難が続く展開に「ドラマとはいえ困難が続きすぎて冷める」という意見が多発している。せめて「一難去ってまた一難」ならよかったのかもしれないが、アッパー素材の代替が見つからないうちにソール素材をつくる手立ても失ってしまうのは災難が続きすぎで、見ていてつらいほどだ。
また、茂木裕人(竹内涼真)が受けた雑誌のインタビューのシーンについても、「一度だけではなく二度もコケにされて不愉快!」「悔しすぎる」と不満に思った人が多かったようだ。極めつけは、前回放送で、元プロテニス選手で現在スポーツキャスターの松岡修造が登場すると予告し、視聴者に期待を持たせていたのにもかかわらず、松岡が画面に映ったのはエンディングでの数秒間だけだった。言葉さえも発していないこの状況に、松岡の演技を期待していた人は完全なる肩透かし食らってしまったのだった。
同ドラマ原作者の池井戸潤氏といえば、同じ日曜劇場で『半沢直樹』『下町ロケット』など企業の再起をかけたヒットドラマ作品があるが、いずれも勧善懲悪でいい意味での“予定調和”が魅力となっている。それが今作品でも評価されていたが、今回は視聴者が想像していた展開と違ったようで「今回はつまらなかった」と評価を下げる結果になってしまったようだ。
●感動シーンも
だが、そんななかでも、視聴者の心を打つシーンはたくさんあった。ひとつ挙げるとするなら、陸王の夢を絶たれ自暴自棄になっている「こはぜ屋」社長の宮沢紘一(役所広司)と息子・宮沢大地(山﨑賢人)がケンカするシーンだ。
大地は前話で「自分がアッパー素材の代わりを見つける」と言っていたが、それをやめて就職活動をしていると勘違いした紘一が大地に八つ当たりする。声を荒げる紘一を無視して大地は出ていくが、実は大地はひとりあきらめずにアッパー素材の製造を引き受けてくれる会社を地道に探し続けていたのだ。
このことを紘一が知るのは、自宅でスーツ姿のまま酔いつぶれて寝てしまった大地に声をかけたときだ。娘の宮沢茜(上白石萌音)から「お兄ちゃんは、お父さんがあきらめないって信じている」と教えられ、大地が必死に企業に働きかけていることを知る。
自分の本当にやりたいことを見つけたというのはもちろんだが、おそらく大地は、夢を絶たれて、もぬけの殻のようにやる気を失ってしまった父の姿を見ていられなかったのではないだろうか。もしくは陸王を完成させたときの活気に溢れたみんなの姿が好きだったのかもしれない。そう考えると、大地の切ない思いに胸が熱くなってしまった。
「こはぜ屋」に吸収合併の話が出ているが、次回以降でどうなるのだろうか。あまり突拍子もない展開は避け、できるだけ予定調和で進んでいってくれたほうが安心して見られるというものだ。
タグ:陸王

共通テーマ:テレビ
SEO対策テンプレート