So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

手越祐也 [芸能]

ジャニーズ事務所のアイドルグループ「NEWS」で、小山慶一郎(34)と加藤シゲアキ(30)に続き、今度は手越祐也(30)と未成年女性との飲酒疑惑が浮上したことで、日本テレビが大パニックだ。ジャニーズに忖度する上層部に現場は爆発寸前。ところが、同局のラルフ鈴木アナ(44)も同席していたため、ジャニーズ側は超強気だという。さらに手越本人も「自分の言っていることがウソだったら、クビにしてもかまわない!」とタンカを切る始末。いったいどう収めたらいいのか、頭を抱える日テレを横目に手越は逃げ切るかも

 小山、加藤ときて“真打ち”手越が登場したことで、さすがに現場サイドからは怒りの声が上がっている。手越と同席した未成年女性側は飲酒を否定しているが、ある制作会社の関係者はこう憤る。

「現場は『いい加減にしてくれ!!』と怒り心頭ですよ。番組の差し替えや苦情の対応で、スタッフは睡眠時間を削って当たっている。『もうあんなやつらを使うな!』という怒声であふれています」

 確かに影響は甚大だ。これまで明らかになっているもの以外でも、本紙は同局の最新情報をキャッチした。すでに収録を終え、7月末にオンエアが決まっていたNEWSのMC番組「奥様は神様」の放送が、無期延期になる可能性が出てきたという。

「『奥様は神様』は昨年10月31日に放送され、深夜帯にもかかわらず高視聴率を取った番組でした。ゆくゆくは『ザ!鉄腕!DASH!!』に取って代わる番組として、局内外の期待を集めていたんです。ところが、今回の飲酒スキャンダルで“止まって”しまったんです」(日テレ関係者)

 加えて、夏の看板番組「24時間テレビ 愛は地球を救う」(8月25~26日)も大打撃を受けている。

「NEWSは2016年に、小山はピンで17年にそれぞれ『24時間テレビ』でメインパーソナリティーを務めました。その関係で今年のメインパーソナリティーに抜てきされた『Sexy Zone』を支えるべく、いくつもNEWSがらみの企画が用意されていたのです。でも今回のスキャンダルですべてふっ飛びました。本当に勘弁してほしいですよ」(事情を知る関係者)

 もはや現場は青息吐息…。それでもジャニーズ事務所べったりの上層部は何のアクションも起こさない。むしろ、強気なのはジャニーズ側というから驚きだ。

「手越の飲み会に、一回り以上年上のラルフ鈴木アナが参加していたことが明らかになって、ジャニーズ側は『おたくもそうじゃない』と日テレを責めているんですよ。さらに、(未成年者の飲酒で問題になった)昨年12月の小山の飲み会には、テレビ朝日のスタッフが参加していたことをつかんだジャニーズ側は『テレビ局ってどうなってんの!?』と逆にやりこめている始末です」(前出の日テレ関係者)

 それだけではない。当の手越まで超強気だ。

「今回の件でジャニーズ幹部から叱責された手越は『未成年と飲酒はしていない。ウソをついていたらクビにしてもらってかまわない』とタンカを切ったそうです。もし手越まで『世界の果てまでイッテQ!』などの番組から降ろしたら、もうNEWSというグループはもたない。手越がメインキャスターのW杯も始まってしまったし、ジャニーズも押し通すことにしたようです」(同関係者)

 14日放送の報道番組「NEWS ZERO」で渦中のラルフ鈴木アナはロシア・カザンから日本代表選手の様子を笑顔で中継したのに、メインの手越が現れなかったことが、日テレの混乱ぶりを表している。

 日テレは世間からのバッシングとジャニーズ側の板挟み、そして現場からの突き上げで大パニック。手も足も出せない状況で、このままでは手越は逃げ切ってしまいそうだが――。

 別の日テレ関係者は、そうとは限らないと指摘している。

「番組スポンサーが『いい加減にしろ!!』と怒り出したらさすがに日テレも切るしかないし、ジャニーズも守りきれないでしょう。なので今は、ピリピリと張り詰めた大変な緊張状態にありますね。しかも、一連のスキャンダル続きで、あの“ジャニーズ事務所の女帝”メリー喜多川さんが憔悴しきっているとも聞く。やはりどこかでケジメをつけるかもしれません」

 今回報じた「週刊文春」には、さらなる“爆弾ネタ”がもたらされているという。場合によっては第3の文春砲がぶっ放される可能性もある。そうなれば、メインキャスターの手越はW杯の“1次リーグ”で消えてしまうかもしれない
タグ:手越祐也

共通テーマ:芸能

ONE PIECE [日記]

 6月4日に発売された人気漫画「ONE PIECE」89巻の表紙カバーに掲載された作者の尾田栄一郎氏のコメントとイラストが物議を呼んでいる問題で、週刊少年ジャンプ編集部は公式サイトに14日、「編集部、作者共々反省しております」とするコメントを掲載したそうです

 少年ジャンプの公式サイトで「6月4日に発売したコミックス『ONE PIECE』89巻の作者コメント欄において、配慮を欠いた表現がありました。編集部、作者共々反省しております。今後は、より一層表現に留意して参ります」とのコメントを掲載した。

 尾田氏は89巻の作者コメント欄で食事中に皿に1つ残った唐揚げを、太平洋戦争終戦を知らないまま、28年目の1972年、米領グアム島で発見された残留日本兵・横井庄一さんにたとえて「横井軍曹」と呼んでいるとするエピソードを紹介していた。

 これが故人である横井さんを揶揄しているとする一部の読者から「故人をネタにするのは不謹慎」「誰かがチェックして止めることができなかったのか」などと表現を批判する声があがっていたようです

共通テーマ:日記・雑感

モテそうだと思うぽっちゃり男性芸人 [芸能]

日本最大の結婚式場クチコミサイトを運営する株式会社ウエディングパークは12日、モテそうだと思う「ぽっちゃり男性芸人」ランキングを発表し、1位にケンドーコバヤシ(45)が輝いたそうです

 同社では20~30代の女性292人を対象に調査したところ、ケンコバが134票で圧勝。「プロレスとかを一緒に観戦したあと、焼き肉を食べてから銭湯デートしたい」(20代後半)などの声が集まった。

 また、2位にはサンドウィッチマンの伊達みきお(43)がランクイン。3位にはバナナマンの日村勇紀(46)と続いた。

 以下は1位から5位までのランキング。()内は票数。

 ▽1位 ケンドーコバヤシ(134票)

 ▽2位 サンドウィッチマン・伊達みきお(100票)

 ▽3位 バナナマン・日村勇紀(54票)

 ▽4位 ロバート・秋山竜次(50票)

 ▽5位 アンタッチャブル・山崎弘也(48票)

共通テーマ:芸能
SEO対策テンプレート