So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

橋本マナミ 清水良太郎 [芸能]

タレントの橋本マナミが14日、カンテレの「胸いっぱいサミット!」に出演し、物まねタレントの清水アキラ(63)の三男で覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されたタレントの清水良太郎容疑者(29)について「チャラい感じはあった」と振り返ったそうです

 橋本はとあるゴルフのトーナメントで良太郎容疑者と知り合った。その時の印象について「やっぱりチャラい感じはありました」と話した。「すごいモテるだろうし、すごいゴルフも上手で、スマートでめちゃくちゃかっこいいなと思ったんです」と持ち上げたが、「そのぶん、自信満々なんだろうな」とも。

 さらに橋本は「お父様と一緒に仕事をすることでいっぱい仕事ももらえる。あんまり苦労されてない方だと思った。すごい自分に甘くて、覚せい剤をやったら周りがどうなるかをあんまり考えなかったのでは」と分析した

ROLLY [芸能]

ROLLY

カラーコンタクトに派手なメイクの僕は、「とてつもなくいかれてる」と思われているんじゃないかな。でも、これは「仮面」。メイクせずにステージに上がると、演じられないからで……。普段は言葉遣いも含めて、礼儀正しいですよ。

 姉が2人いて、僕は末っ子。口数の少ない、おとなしくて地味な子どもでした。それが関係しているのかわかりませんが、小学校では、ひどいいじめに遭いました。

 思い悩んで、母親に相談しました。すると、こう言われたんです。「いじめられたおかげで心が強くなったと思いなさい」。納得できませんでした。

 でも、夏休みに祖母の家で木にくっついていたセミの抜け殻を見つけた時にふと思ったんです。セミは、長い幼虫の月日を経て地上に出てくる。僕のいじめられている今はセミの幼虫のようなもので、いつか羽ばたけるんじゃないかって。そして何とか耐えてやろうと思いました。結局、中学生でギターと出会い、その腕前が級友から一目置かれるようになるにつれ、状況が変わっていきました。

 母親は4年前に亡くなりましたが、あの時の理屈は、今でもむちゃくちゃとは思うんです。でも、「辛抱する自分がちょっと好き」という僕の性格は、母親と似ているように思えて、少し複雑です。もっとも、僕は我慢でたまったストレスを、「仮面」をかぶったステージで爆発させることができるんですけれどね

 ロックミュージシャン。京都市出身。1963年生まれ。ミュージカル「ロッキー・ホラー・ショー」(Zeppブルーシアター六本木11月7~12日、サンシャイン劇場11月16日~12月3日など)では、音楽監督とナレーターを務める。
タグ:Rolly

ジヨン 熱愛 [芸能]

韓国ガールズグループ「KARA」の元メンバーで、現在は日本で女優として活動中の知英(ジヨン)に熱愛説が浮上したようです

 韓国メディアによると、知英(23)は秋夕(チュソク/旧盆)連休中、韓国で恋人と推測される男性とショッピングデートを楽しんでいたという。記事によると、お相手の男性は年上の一般男性とのこと。

 知英の事務所関係者は「知英は連休中、韓国に帰国していた」とし、「2人は最近知り合い、互いに好感を抱きながらデートを楽しんでいる」と明かした。
SEO対策テンプレート