So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

ウッチャンナンチャン [芸能]

お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の南原清隆(50)が始めた、狂言とコントを融合させた「現代狂言」の舞台が10年目の節目を迎える。能楽師の野村万蔵(50)が演出を務めるなど、人気イベントとなっている。

 「現代狂言X」は3月4、5日に東京の国立能楽堂で上演される。2月2日に行われた記者会見で、南原は「役者の力が影響される。今まで培ったものの集大成にして頑張りたい」と、舞台にかける意気込みを語った。

 南原が狂言に目覚めたきっかけは、2002年の「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」(日本テレビ系)の企画だ。この企画では、故・五世野村万之丞さんの指導のもと、狂言に取り組んだ。その際に「現代狂言」の企画が持ち上がったという。万之丞さんは04年に亡くなったが、06年に南原は「万之丞さんとの約束なので、ぜひ形にしたい」と「現代狂言」を旗揚げした。

 南原は同日の会見で、現代狂言の魅力について尋ねられると、「現在狂言は無駄な演出がなく、役者の力量が作品の出来にかなり影響する。そこが奥深い」と、狂言が幅広い世代が楽しめるものだと強調した。
 
 一方、相方の内村光良(51)は現在、映画監督の道を進んでいる。自身3作目となる映画『金メダル男』を目下、製作中だ。内村といえば、昨年9月にゴールデン番組2本が打ち切りとなり、心配の声も上がっていたが、テレビ番組のディレクターはその事情についてこう話す。

「レギュラー7本も抱えて多忙を極めていました。内村は子煩悩ですから、2人の子供の子育てに集中するために、番組を降板したとも言われてました。しかし、実際は『金メダル男』に力を入れたかったというのが本音でしょう」

 映画は、内村と「Hey!Sey!JUMP」の知念侑李(22)がW主演し、大泉洋(42)、長澤まさみ(28)など超豪華キャストで、2016年秋に公開される予定だ。内村は1月30日、新作について、こんなコメントを出している。

<昨年秋、バラエティの仕事をしながらの怒濤の撮影を終え、いまは映画館で一人でも多くの人に笑ってもらいたいと夢想しながら、朝から晩までスタッフと編集作業に勤しんでいます。今回の映画は、これまでの監督作の中で一番“笑い”の要素が多い作品です(以下、略)>

 ふたりの活躍に目尻を下げて喜ぶのは専門学校の同級生だ。

「ふたりは、もともと映画監督の今村昌平さんが設立した横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)の演劇科の出身です。当時から、ウッチャンは映画監督を志望し、ナンチャンは落語など古典芸能に明るかった。ふたりの目指した分野で、活躍しているのをみると、非常にうれしいですね」
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。