So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

箱根観光 一部再開 [ニュース]

神奈川県の箱根山火山防災協議会は15日、箱根町で火山活動のため運休していた箱根ロープウェイの区間のうち、姥子(うばこ)―大涌谷(おおわくだに)駅間の運行を許可すると発表した。23日から運行する。火山ガス濃度の低下をふまえた対応で、火山性地震が多発した昨年5月上旬からほぼ1年ぶりに、大涌谷に観光客が入るようです

 半径440~530メートルの警戒区域は今後も維持し、一般の人が車で大涌谷に入ることはできない。しかし、ロープウェイは各駅に救護室を設置したうえ、ゴンドラ内に酸素ボンベを常備するなどの安全対策を取り、運行される。駅舎とゴンドラ内の二酸化硫黄濃度が0・2ppmを超える場合は運行を取りやめる。大涌谷―早雲山(そううんざん)駅間の運休は継続する。

 山口昇士町長は「大涌谷は箱根の観光でたいへん重要な位置にあり、ロープウェイの運行は大きな一歩だと思う」と述べた。

 協議会は大涌谷の温泉池で、名物「黒たまご」を製造する作業を許可することも決定。町内の会社が今月下旬から製造し、大涌谷以外の町内で販売するという。

 噴煙地の半径150メートル以内で温泉供給業者が保守作業することも、安全計画書の提出などを条件に許可することに決めた。最近の温泉供給量は通常の6割程度だったが、今後は増える見通しだそうです

共通テーマ:日記・雑感
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。