So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

セブン-イレブン [ニュース]

コンビニエンスストア最大手のセブン-イレブン・ジャパンの古屋一樹社長が19日、フジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、47都道府県で唯一未出店の沖縄県に2019年2月期をめどに進出する方針を明らかにした。沖縄は「ファストフードを好む文化がある」として、全店舗に店内で飲食できる「イートイン」を導入する方針だ。沖縄で将来的に200店舗以上の出店を目指すようです

古屋社長は沖縄への進出にあたり、まずは「(弁当などの)専用の工場を作る」と説明。すでに立地などの調査に入っているという。一部で導入しているイートインについて沖縄では全店舗に設置し、ハンバーガーチェーンなどのファストフード店に対抗する。

一方、国内の18年2月期の出店ペースについて「1700店程度出店する17年2月期と変わらない」と説明した。現在の店舗数は約1万9000店だが、18年2月期中には2万店に到達する見通しも明らかにした。

また、ティッシュやシャンプーといった雑貨は「まだコンビニの商品は高いというイメージがある」と分析。メーカーと共同開発するプライベートブランド(PB)を、雑貨などでも強化する考えを示したそうです

共通テーマ:日記・雑感
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。