So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

ホリエモン R-1 [芸能]

「ホリエモン」こと堀江貴文の『R-1』参戦が話題になっている。1月9日、東京・シアターブラッツで行われた『R-1ぐらんぷり2018』予選1回戦に堀江が出場したそうです

『ドラえもん』に出てくる「のび太」をイメージした小学生男子のような衣装で舞台に現れ、自らの過去の事件などをネタにして大きな笑いを起こしていたという。そんな彼は見事に1回戦を通過。次は1月20日に東京の雷5656会館で行われる2回戦に出場する予定だ。

 芸人以外のタレントや有名人が、お笑いコンテストの予選に挑戦するのは決して珍しいことではない。ただ、単なる話題作りのレベルでとどまることが多く、1回戦すら通過できないことがほとんどだ。最近のお笑いコンテストはレベルが上がっていて、事務所に在籍しているプロの芸人ですら1回戦で落ちる人はざらにいる。そんな中で今回、堀江が1回戦を突破したのはそれだけでも快挙だと言える。

 実は、今回の堀江の『R-1』出場には仕掛け人がいる。それはピン芸人のエハラマサヒロだ。エハラは『R-1ぐらんぷり』の常連で、これまでに四度の決勝進出を果たしており、2009年と2010年には準優勝している。そんな彼が、今年は自分では出場せずに、堀江のプロデュースに専念することを公言しているというのだ。

 1月9日付のオリコンニュースの記事で報じられているところによると、エハラが出場を断念したのは、昨年の『R-1』で審査傾向の変化を感じたからだという。

 昨年の大会で優勝したのは、全裸の状態で股間をお盆で隠しながらギリギリのパフォーマンスを見せるアキラ100%だった。アキラ100%はこれまでの大会では予選でどんなにウケていても敗退を続けていたのだが、昨年初めて決勝に上がり、そのまま優勝してしまった。

 一方のエハラは、昨年は決勝進出を逃していた。アキラ100%の優勝を見て、これまでとは『R-1』の審査傾向が変わったと感じたため、今の自分では勝てないと判断して、出場を取りやめたのだという。

 つまり、エハラは今年の『R-1』に臨むにあたって、自分の才能を見限って、堀江という新しい素材を生かして、プロデュースという形で挑戦することに決めたのだ。ネタ作りに関しても全面的にエハラが担当している。

彼の真意を読み解くならこうだ。アキラ100%のハダカ芸は、一昨年まではいくら予選でウケていても落とされていた。大きな笑いを取ったり、客席を盛り上げたからといって、それだけで勝てる大会ではなかったということだ。「ハダカ芸は芸ではない」というような評価をする審査員もいたのだろう。

 しかし、昨年、アキラ100%はハダカ芸で決勝に上がった。ここで傾向がガラッと変わり、ただ純粋に面白いかどうか、ウケているかどうかで判断されるようになったのだ。

 エハラ自身はお笑い界でも有数の多芸多才の芸人である。歌、ダンス、モノマネなどを器用にこなし、持ちネタも豊富にある。これまでの『R-1』がある程度は芸としてのクオリティを問われるような大会だったからこそ、エハラはそれなりに活躍できていた。

 ところが、昨年の大会では「これは果たして芸と呼べるのか」という議論が起こるようなハダカ芸がまさかの優勝を果たしてしまった。この新傾向の『R-1』では自分のようなタイプの芸人は勝てないのではないか、というのがエハラの分析だ。

 もちろん、アキラ100%のハダカ芸も立派な芸ではある。そのアイデアや動きの一つ一つに工夫が詰まっていて、一朝一夕に真似できる代物ではない。ただ、彼のハダカ芸は「芸」である以上に、パフォーマンスそのものが1つの「事件」として価値を持っている。

 1月1日放送の『爆笑ヒットパレード2018』でも、アキラ100%が股間を隠すのに失敗して、局部を露出してしまったことが大きなニュースになった。こういう形で話題になるのは、ハダカ芸が「笑えるかどうか」以外の部分でも人々に興味を持たれている証である。

 ハダカ芸は、見えてしまうのかどうか、見えてしまったらどうなるのか、という緊張感も含めて楽しむものだ。アキラ100%があの格好で生放送のテレビ番組に出演することは、それ自体が「事件」としての価値を持っているのだ。

 堀江もまた、存在そのものが事件であるような人物だ。堀江が『R-1』に参戦するとなれば、それだけで話題性は十分。どんなネタをやるのかということに世間の注目が集まる。そして、仮に予選を順調に勝ち進んだとすれば、堀江が決勝に上がれるかどうか、というのも大きな話題になるだろう。

 なぜなら、堀江はかつてライブドアの社長としてフジテレビの買収をもくろんで、日本中を騒がせた張本人だ。これ以降、堀江はフジテレビの番組には一度も出演していない。フジテレビとは今も並々ならぬ因縁があるのだ。

 そして、『R-1ぐらんぷり』はフジテレビ系列の関西テレビが手がけている大会なのだ。万が一、堀江が決勝に進めば、フジテレビのゴールデン番組に生出演を果たすことになる。そこで、フジテレビの買収騒動などをネタにすれば、それ自体が大きな話題になるのは間違いない。

「そんなネタを放送できるわけがない」と思う人もいるかもしれないが、アキラ100%も昨年までは「こんなのがゴールデンで放送できるわけがない」と言われていたのだ。私たちの先入観はあてにならない。

 いわば、堀江とは、ハダカ芸のアキラ100%にも負けないほどの「事件」を起こせる可能性を秘めた逸材なのだ。「芸より事件」という新傾向の『R-1』では、堀江という素材に大きな価値がある。エハラはここに活路を見出したのだ。

 お笑いの素人である堀江がセリフを忘れないように、「読みネタ(手元にある台本を読みながら進行するネタ)」を選んだのも冷静な判断だ。少なくとも、堀江のプロデューサーであるエハラが本気で勝ちに来ているのは間違いない。

 もちろん、普通に考えれば、技術的に物足りない部分は多く、話題性だけでどこまで勝ち上がれるかは分からない。特に、最近の『R-1』は出場者も増えて大会の規模が大きくなっているため、決勝までに5回の予選を通過しなければいけない。堀江はまだそのうちの1つを勝ち上がったにすぎないのだ。

 ただ、お笑いコンテストで優勝を果たせなかった芸人が、他人をプロデュースして優勝を狙う、というのは珍しいケースだ。どういう結果になるのか興味が尽きないですね

共通テーマ:お笑い
SEO対策テンプレート