So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

旅行なら楽天トラベル

草なぎ剛 [芸能]

草なぎ剛(43)が直木賞作家・西加奈子原作の映画「まく子」(来年公開、鶴岡慧子監督)に、小学生の父親役で出演することが15日、分かったそうです

映画出演は16年末のSMAP解散後、先月公開された映画「クソ野郎と美しき世界」に続き2作目。「おじさんだけど、これからも輝き続けようと思いました」とユーモアを交え意気込んでいる

 同作は山崎光(14)が主演。山崎演じる小さな温泉街に住む主人公の小学5年生、南雲慧(さとし)が、不思議な魅力を持つ美少女転入生と出会い、思春期ならではの葛藤を抱えながら大人へと近づいていく姿が描かれる。草なぎは、不倫などをしてしまうダメな父親・光一を演じる。撮影は、3月末~4月上旬にかけ群馬・四万(しま)温泉付近で行われ、すでにクランクアップしている。

 ◆「まく子」 16年に西加奈子氏が発表した小説。映画では、美少女転校生を新音(にのん=13)が、慧の母を須藤理彩(41)が演じる。テレビ朝日系「アメトーーク!」で芥川賞作家でもあるピース又吉直樹がおすすめ作品として紹介したこともある。西氏は「私にとって特別な思い入れがあるこの作品を映像にしていただけることも奇跡。素晴らしいスタッフに恵まれ、それだけでこの作品は祝福されています。完成がほんとうに楽しみでなりません」とコメントした。

タグ:草なぎ剛

共通テーマ:映画
SEO対策テンプレート