So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

佐々木希 渡部建 [芸能]

芸能界でも屈指の美食家、食べ歩きの著作もある渡部建(46)が、一年間に訪れる店は約500店。有名無名に関係なく、自分の舌と感性で味わう渡部の料理に対する姿勢は、“一見さんお断り”や“取材拒否”の店からも歓迎されるという。

 昨年9月には第1子が誕生し、妻の佐々木希(30)と三人で外食を楽しむ機会も増えた。

 先日行われた「食べログアワード2019」の授賞式でも渡部は、「最近は子どもOKの和食の店に行きました」と家族水入らずの様子を明かしていた。

「そこでも話題になったのが2月8日の佐々木の誕生日に行く店です。昨年は食べログGoldの店で祝ったそうですが、今年もGoldの店で、と“リップサービス”していました」(スポーツ紙記者)

 気になるのは渡部ほどのグルメが妻のために選ぶ店だ。

「佐々木は大の焼き肉好きで有名ですが、二人が交際中は隠れ家的なイタリアンやフレンチによく行っていました」

 そう話すのは女性誌記者。

「渡部はこちらも食通の堀江貴文氏らがよく行く会員制、紹介制の店へもまめに顔を出していますね。ZOZOの前澤友作社長と剛力彩芽がデートしたという超高級寿司店や芸能人御用達の焼き鳥、和食、鉄板焼きなど、ほとんど網羅しているそうです」(同前)

 前澤氏と剛力が行ったという寿司店は1日1組限定の完全会員制だが、会員がわずか30数名しかいないという、まさにセレブのための店だ。

「ここの系列には鉄板焼きもありますが、こちらも同様に完全会員制。日本を代表する経営者や大物芸能人、政治家やプロ野球選手などが会員だそうです。しかも会員と一緒でなければ入店できません」(同)

 渡部は妻のために、こうしたセレブ御用達の店を選ぶのか、あるいは庶民的な名店にするのか……。

 芸能リポーターの川内天子さんは、「まずは個室のあるお店を選ぶのでは」と予想する。

「バースデーのディナーですから、もしかしたら夫婦だけで祝うかもしれません。佐々木さんは今、子育て真っ最中ですから、ちょっとだけ離れてねぎらってあげるのではないでしょうか。その意味では、ゆったりとした和食かフレンチを選ぶような気がします。アワードでは、今年もGoldの店へ行くようなことを言っていましたから、話題のセレブ御用達の店は選ばないと思います」

 2月8日のお店も、ぜひブログにアップして夫婦ツーショットを

共通テーマ:芸能
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。