So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

梅宮辰夫 アンナ [芸能]

モデルでタレントの梅宮アンナ(46)が30日、自身のインスタグラムを更新。昨年9月に前立腺がん、今年1月に尿管がんの手術を受けた父親の梅宮辰夫(81)と、膠原病を患って療養中の母・クラウディアさんとの親子ショットを公開したそうです

 アンナは「家族全員集合~~」とつづり、闘病中の父・辰夫と頬を密着させる写真をアップした。

 この投稿には「体調心配です」と辰夫の体調を心配する声や、「家族仲良しが一番」「素敵な写真です」「最幸の家族だね」などの声が寄せられた。

共通テーマ:芸能

松本人志 [芸能]

お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)が28日、自身のツイッターでつぶやいた意味深なコメントが反響を呼んでいる。

 松本はこの日、「出来ることを何回続けても出来ないことが出来るようにはならないよ。筋トレとか人生とか」とだけ投稿した。

 これにフォロワーは「なんか深いな」「何か悩み事あるのですか?」「胸につきささる~。人徳!」「松ちゃんが言うと余計に強く感じます」「深すぎる。流石人生の大先輩。流石筋肉の人」「筋トレします」「深イイですね」「出来るようになりたい事を見つけることから始めます」などと続々反応。投稿から3時間が経過し、400件以上のコメント、4000件以上のリツイート、3万件以上のいいね!が寄せられている。
タグ:松本人志

共通テーマ:お笑い

木村佳乃 [芸能]

 女優の木村佳乃(43)が26日、日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!2時間SP」に参戦し、女優とは思えぬ体を張った勇士を連発。相変わらずの「芸人殺し」っぷりにネット上から称賛の声が続出したようです

 木村は「森三中」の大島美幸をリーダーに、イモトアヤコ、「おかずクラブ」のオカリナが米国・テキサス州を冒険する「大島探検隊」に参加。

 まずはカツラをかぶり、チョコレートプラネットの「TT兄弟」で登場。イモトのトレードマークの眉毛を「乱れてるじゃない」と、ペンで「T」の形に塗りたくった。

 その後は独壇場といっていい暴れっぷりを披露。一方の鼻孔から液体を高速で注入し、逆の鼻孔から液体を出す「高速鼻うがい」を人生初挑戦。大島が「飲める聖水」と絶賛する程、芸術的な鼻うがいを披露した。

 続いてインドに伝わる健康療法「牛尿」(牛のおしっこ)を一気飲み。これには、流石の木村も「オェ」と座り込んでしまった。

 さらに、網や竿を一切使わず自身の手をナマズに食わせ生け捕りする「ヌードリング」に挑戦。「もっと噛んで!もっと噛んで!」と自らの手を捧げた結果、見事に85センチ、9キロのフラットヘッドキャットフィッシュの捕獲に成功。「結構痛かった。ドアに手を思いっきり挟んだ感じ」と驚きの感想を語った。

 最後は、全身毛むくじゃらで二足歩行する未確認生物「ビッグフット」を題材にし、感動物語を演じる「女優力チェック」に挑戦。舞台となる森を歩いていると、ビッグフットに遭遇。しかし、その目をよく見ると5年前に突然失踪した彼氏・太郎だと気づく。台詞などはアドリブで行うというもの。カツラをかぶり、太めの眉毛と無精ヒゲを書いた大島がビッグフットは演じ、笑いは一切なしの真剣勝負。イモトとオカリナは見事に演じきったが、木村は大島が登場した瞬間に吹き出してしまい、大本命がまさかの瞬殺に終わる波乱となった。

 ネット上では「TT兄弟といい鼻うがいといい牛尿飲んだり益々好きになってしまうのだけど、アホなことをすると女芸人より明らかに好感度が上がるってやっぱり美人は得」「スゲーーーッ 事務所は止めないんだね(笑)」「ほぼ野沢直子」「おいしいところ全部持って行く!」「アグレッシブだな」「欲張り過ぎや」など絶賛の声が相次いだ。
タグ:木村佳乃

共通テーマ:日記・雑感

廣瀬智紀 川栄李奈 [芸能]

17日に俳優の廣瀬智紀(32)との結婚と妊娠を電撃発表した元AKB48で女優の川栄李奈(24)が22日、自身のツイッターを更新。意味深ツイートを連発したが、その後削除する“騒動”となっているようです

 22日配信の「文春オンライン」が廣瀬の“二股交際”疑惑を報じている。

 川栄は22日夜、「本当のことは本人にしかわかりませんからね。事実でも事実じゃなくても人に恨まれる事をしたんでしょうね。過去はバカ人間ですね!今後頑張りましょうか」とツイート。その後、「でもね、私はどんなに嫌な思いをしてもどんなにムカついても世間に公表するのは絶対に違うと思う。それでスッキリしなくない?幸せになる人っていなくない?」と連投した。

 その後、当該の意味深ツイートは削除されている。

共通テーマ:芸能

川栄李奈 [芸能]

アイドルグループ“AKB48”の元メンバーだった女優・川栄李奈(24)の妊娠&入籍の発表は、芸能界を激震させたようです

川栄といえば、いまやエンタメ界でトップクラスの売れっ子だからだ。

「まだ24歳ですよ。その彼女がいきなり結婚を飛び越え妊娠&入籍を公表したんです。順序が逆だったことにも驚かされたが、何よりも度肝を抜かれたのが川栄の決断。これまでのキャリアを捨て、母親を第一に、次に女優という道を選んだことです」(民放編成マン)

 さらに業界関係者を驚かせたのが夫となる俳優・廣瀬智紀(32)の名前。

「この一報を聞かされた関係者の誰もが異口同音に『廣瀬!? 誰? 何者?』というリアクションだった。川栄の知名度が100%だとしたら廣瀬は1%にも満たないというのが正直な感想です」(大手広告代理店関係者)

 早速、芸能界をザワつかせた川栄と廣瀬。そんな2人を巡って水面下で囁かれ始めたのが“格差婚”を指摘する声。2人の余りにかけ離れた収入差を心配する声が業界内に飛び交っている。

「ここだけの話ですが、川栄の年間売り上げは低く見積もって5億円以上にはなる。年収も数千万クラスで元AKB48の卒業生のなかでは数少ない勝ち組です。主な稼ぎどころはCMです。auの『三太郎シリーズ』、『オリックス』など計12社に上る。女優業も順風満帆です。NHK大河『いだてん』や話題作の『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)などなど。来月14日には映画『泣くな赤鬼』も公開される。女優としてまさにこれから脂が乗る時期です」(芸能プロ関係者)

 一方の廣瀬は――。

「収入を比較するのは、ちょっと気の毒ですね。彼は役者としてまだ駆け出しと言っても過言ではないポジション。年収も300万に満たないのでは」(前出の芸能プロ関係者)

■出会ってすぐに一目惚れ…

 川栄は今年10~11月ごろに出産予定だという。

「本人は年内中には復帰したいと周囲に話しているようです。でも健康状態ばかりは誰にも予測できない。最低でも3カ月~半年は休むことになるのでは。当然、新規の仕事はこれから約1年間は受けられない。打診されていたドラマや新CMの企画もいったん、全て白紙に。所属事務所は大打撃でしょう」(テレビ局関係者)

 昨年10月に舞台「カレフォン」で共演した2人はすぐに交際を始めたという。

「なんでも川栄が一方的に一目惚れしてしまったといわれているんです。しばらくは廣瀬が売れるまで彼女が食べさせることになるのでは……。まあ、惚れた弱みですね」(芸能プロ幹部)

 生まれてくる子供のためにも廣瀬のブレークを願うばかりだ。
タグ:川栄李奈

共通テーマ:芸能

弘中綾香アナ [日記]

深夜帯から土曜22時台に“格上げ”された「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系)で、“研究助手”を務める弘中綾香アナ(28)。昨年12月に発表されたオリコンの「好きな女子アナランキング」で2位に急浮上したが“アンチ”も急増している。発売中の写真誌「FLASH」(5月28日号)が特集した〈視聴者が選ぶ嫌いな女子アナ〉で1位に輝き、同誌の〈テレビ業界人が嫌いな女子アナ〉でも4位に選ばれたようです

 弘中アナの持ち味は毒舌キャラ。共演するオードリー若林正恭(40)にもズケズケと物を言う。5年近く担当した「Mステ」で猫をかぶっていた頃とはまるで別人だ。

 芸能評論家の佐々木博之氏がこう言う。

「弘中アナが嫌われる理由はハッキリしています。タモリのサブMCを務めた『Mステ』と『激レアさん』で大きく態度が違うことが“二面性がある”とか“あざとい”などと思われて、女性を中心に中高年層からも敬遠されてしまうのでしょうね。ただ、オードリー若林もお笑い界トップクラスの芸人です。弘中アナが彼を下に見ているわけがないし、もしかしたら台本通り正確に司会進行しているだけかもしれません。それを視聴者に感じさせずにトークを回せているのは、アナウンサーとしてシッカリした技術があるからでしょう」

■インスタグラム“加工疑惑”も

 弘中アナの公式インスタグラムはフォロワーが30万人もいる。5月13日にアップされた画像(写真)には「乃木坂46のメンバーみたい」「可愛い」の声が続出。ところが、実物の弘中アナはNHKの「チコちゃん」というか「ちびまる子ちゃん」みたいな感じ。そのため過去には“インスタ加工疑惑”も一部で報じられた。

 また、昨年は人気ロックバンド「ONE OK ROCK」のギタリスト・Toruとの“お泊まり愛”もスクープされた。こうした事象が重なり、弘中アナは世の女性をイラつかせ、アンチを増やしているのかもしれない。

「女性の視聴者は女性アナウンサーや女優に対して厳しい一面があります。女性向けのメディアなどで吉岡里帆や小島瑠璃子の批判記事も見かけますが、根底には“たいして美人でもないのに、男にこびてだらしない”という感情があるのでしょう。それをニヤニヤしながら鼻を伸ばしている男性にも腹を立てているのかもしれません。もしかしたら弘中アナも“同類”に見られているのかもしれませんが、彼女は頭の回転が速いしメンタルも強そうだから、少々の批判はヘッチャラでしょう。そこがまた女性たちの神経を逆なでしている可能性もあります。ハッキリ言えるのは、テレ朝がその弘中アナを確信犯的に重用しているということです」(佐々木博之氏)

 少し前まで元TBSアナの田中みな実や宇垣美里が似たようなポジションにいたが今や弘中アナがその座を奪ったといえるだろう。

共通テーマ:日記・雑感

ノンストップ [日記]

17日のフジテレビ系「ノンストップ!NONSTOP!」(月~金曜、前9・50)の放送中に、進行の三上真奈アナウンサーが「先程のコーナーで、自閉症に関して誤解を招きかねない表現がありました。失礼しました」と謝罪を行ったそうです

 この日は「定年夫婦のトリセツ解説」の特集が行われた。気が利かない夫対策を議論した際に、ゲスト出演した専門家の女性が、「夫には100のルールを与える」「妻は自分の家事行動をひとりごとのように言う」との手法をレクチャー。

 夫に妻がやっている家事を教えるために「今から水まきます、今からラーメンつくります」と、ひとりごとのように言う手法を例示した際に「自閉症の子供に何か伝えるかのように、ひとつずつキャンペーンしていく」と発言していた。

 直後からネット上でこの発言に対する批判が起こっていた。

共通テーマ:日記・雑感

霜降り明星 [芸能]

他人を評価することがどれだけ難しいか、経験者でなくとも理解している方は少なくないはずだ。そしてお笑いの世界で審査が最も難しいのは、ものまねだそうです

 5月7日、日本テレビ系列で「ものまねグランプリ特別編 ものまねレジェンドが選ぶ次世代ものまね芸人No.1決定戦」が放送された。

 MCはネプチューン。審査員はコロッケ(59)、神奈月(53)、ホリ(42)の“ものまねレジェンド”3人に、関根勤(65)と井森美幸(50)が加わった計5人だった。

 19時56分に放送が始まり、最初に23組が出場。5組が決勝に残って2本目のネタを披露、22時54分に番組が終了した。

 結果は霜降り明星が優勝。せいや(26)がものまねを担当し、粗品(26)がツッコむという変則的な内容だったが、5人の審査員は高く評価。初出場で栄冠に輝いた。

 ところが、この審査にSNS上で異論が相次ぎ、少なからぬメディアが報じたのだ。代表的なものをご紹介しよう。

《霜降り明星、『ものまねグランプリ』優勝に疑問の声……「漫才なのに?」「明らかに忖度」》(5月8日:cyzo woman)

《『ものまねグランプリ』Mr.シャチホコ酷評に唖然 「これはさすがに…」》(5月8日:しらべぇ)

《『ものまねグランプリ』、真の優勝はMr.シャチホコ?  コロッケの辛口審査・霜降りの優勝に大バッシングが》(5月8日:リアルライブ)

《霜降り明星 ものまねグランプリ優勝に“批判”が殺到していた? 粗品 放送予定のモノマネも「荒れるぞ、燃えるぞ」》(5月11日:COCONUTS)

日テレ「ものまねグランプリ」、優勝「霜降り明星」にSNSで異論噴出の舞台裏
「ものまねグランプリ」決勝戦の採点結果
 それでは決勝戦を振り返ってみよう。5組は出演順にモリタク! (35)と河口こうへい(38)のコンビ、Mr.シャチホコ(26)、山田七海(21)、古賀シュウ(51)、霜降り明星という顔ぶれだった。審査員の採点結果を表にまとめてみた。ご覧いただきたい。

ものまねの採点は困難? 
 上の見出しからも分かるが、SNS上では【1】「霜降り明星の優勝はおかしい」と、【2】「Mr.シャチホコの最下位は納得がいかない」という2種類の異議が大勢を占めた。

 表を見ると、霜降り明星は5人の審査員全員が優勝と判定。一方のMr.シャチホコは評価の低い順に関根勤(最下位)、コロッケ(最下位タイの4位)、ホリ(3位タイ)、神奈月(2位)、井森美幸(Mr.シャチホコとのW優勝)という結果になった。

 まず【1】「なぜ霜降り明星が優勝したのか」という異論について、テレビ担当記者が解説する。

「『M-1グランプリ』のように決勝戦は優勝者の名前を投票する方式でしたら、他の4人の順位は発生しません。Mr.シャチホコに対する異論は出なかったことになります。ただ、審査員の全員が霜降り明星を挙げたことが今回の得点形式より明白になりますから、今より異論は増えた可能性も否定できません。結局のところ、せいやと粗品のお二人が共にものまねを披露しなかったことに、大きな原因があったと思います」

 霜降り明星の2人は、「ものまねを主題にした漫才」をやりたいという強い意思があったのかもしれない。オンエアされたネタは、せいやだけが桑田佳祐(63)や武田鉄矢(70)をものまね。そのクオリティは高かったとはいえ、粗品はツッコミに徹した。

「この独自スタイルに納得のいかない視聴者が少なくなかったのでしょう。『ものまね芸人という本職でもなく、おまけに変化球のネタを投げた霜降り明星が優勝したのは、吉本興業への忖度以外に考えられない』、『M-1グランプリ、R-1グランプリに続く三冠は、あまりにゴリ押しが酷い』という“流言飛語”をSNSに拡散させる原因になってしまいました」(同・記者)

 これに対して、【2】「Mr.シャチホコの最下位は納得がいかない」は難しい問題だという。民放キー局の制作担当者が解説する。

「まず審査の『やらせ投票』はあり得ません。誰でもお分かりいただけると思いますが、プロデューサーやディレクターが、関根勤さんやコロッケさんに『霜降り明星さんを優勝させてください』と頼むのは不可能です。そんなことをすれば、お二人は『バカにしている』と抗議し、今後の関係が悪化するのは避けられません。また“ものまねレジエンド”の3人は、オンエア後に視聴者が“審査の採点”を行うことは覚悟していたでしょう。『いい加減な点数はつけられない』というプレッシャーを感じながらの出演だったと思います」

 審査員が真摯に審査を下したにもかかわらず、それは一部の視聴者に届かなかったわけだ。制作担当者は「個々人の“理想のものまね”が幅広いことが最大の原因です」と指摘する。

「実は昔から、『漫才よりコントより、ものまねの審査には“やらせ”、“出来レース”の声が大きい』という事実は、ベテランのテレビマンなら誰でも知っているでしょう。似ているか否かという判断基準は当たり前で、歌のうまさ、笑えるネタかどうか、斬新なアイディアが含まれているかどうかという多彩な要素が絡みます。視聴者の間で『これがベストのものまねだ』というコンセンサスが成立しにくいのです」

 桜田淳子(61)は、ものまねされることが極めて多かったが、自身もものまねを得意としていたことでも知られる。だが今の視聴者が、彼女がものまねで歌うVTRを見ても、「巧いかもしれないが笑えない」という評価は少なくないだろう。今回の「ものまねグランプリ」では、山田七海にそのような指摘が多かった。

「漫才やコントに比べて、ものまねは個人の好みがはっきりしてしまう。Mr.シャチホコさんのものまねがツボに入った視聴者には、どうしても他の出演者がつまらなくなってしまうわけです。これが、ものまねの審査を難しくする最大の要因でしょう。そして関根勤さん以上に、コロッケさんへの批判が多かったのは、『ものまね界の先輩であるコロッケが、後輩のMr.シャチホコをいじめている』という構図を反射的に連想した視聴者が少なくなかったということでしょうね」

 実際、SNS上では、コロッケが「才能ある若手を、今のうちに潰そうとしている」との書き込みさえあった。

「そんなことは絶対にないと断言できます。百歩譲って、コロッケさんとMr.シャチホコさんの間に、私たちが知らない確執が存在したとしても、その意趣返しを番組内でやったりはしないでしょう。目立ちすぎます。Mr.シャチホコさんの露出度が上がれば、“ものまね業界”全体にも追い風が吹きます。潰すなんてあり得ません」(同・制作担当者)

 結局のところ、シンプルに「コロッケが厳しい点数をつけることで、期待の後輩に“更なる精進”を求めた」と解釈するのがよいようだ。Mr.シャチホコも自身のツイッターで「決勝まで進めたのですが、決勝では最下位と、予選も含め反省点だらけの結果となってしまいました」と書き込み、採点に異議を唱えることなどはなかった。

 また霜降り明星の2人は5月10日、ラジオ「霜降り明星のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送系列:金・27:00~28:30)に出演。基本は冗談のトーンを保ちながら、「頑張ったのに、みんなに嫌われた」現状について愚痴をこぼした。王者に輝きながら、思わぬとばっちりを食らったというのが本音だったろう。

週刊新潮WEB取材班

2019年5月15日 掲載
タグ:霜降り明星

共通テーマ:お笑い

浜田雅功 [芸能]

タレントの小川菜摘さんが5月11日、「お誕生日おめでとう♪」のコメントとともに、夫の浜田雅功さんと長男でバンド「OKAMOTO’S」のメンバーであるハマ・オカモトさんとの3ショットを公開。浜田さんの56歳の誕生日を親子で祝ったことを報告したそうです

 なじみのお店でお寿司を食べながらお祝いしたという小川さん。「56歳!! 半年間だけ同じ歳(笑)健康で充実した1年になりますように」と、ケーキを手にした夫婦ショットも公開しています。浜ちゃんも幸せそうな顔してる。

 浜田夫婦には2人の息子が居ますが、次男は仕事で来られなかったもよう。顔出ししていない浜田さんの次男ですが、2017年には親子で後輩芸人の「プラス・マイナス」岩橋良昌さんの誕生日会に出席しており、目元を隠した写真が公開されたこともありました。口元が浜ちゃん似だった。

 誕生日を迎えた浜田さんに、ファンから「おめでとうございます」と祝福のメッセージが贈られた他、仲むつまじい夫婦の姿に「末永くお幸せに!」「素敵なご夫婦 憧れます」「56歳とは思えない若さです! これからも頑張ってください」といったコメントが寄せられています。
タグ:浜田雅功

共通テーマ:お笑い
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。