So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

板東英二 [芸能]

6月29日に放送されたバラエティ番組「有吉反省会」(日本テレビ系)に、タレントの板東英二がゲスト出演した。番組では、板東が野球選手の名前をまったく知らないことを明かされたようです

「板東は過去、甲子園に出場後、プロ野球選手として活躍。引退後は俳優やタレントとして活動し、現在は野球解説者なども務めています。しかし番組によれば、板東は解説にて『このピッチャーは不利』『こういうバッターはイヤ』といっさい名前を呼ばないため、選手の名前を知らない疑惑が浮上。実際、スタッフが写真見せてみると、ほぼ答えることができませんでした」(テレビ誌記者)

そんな板東といえば、先日放送されたバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)のドッキリ企画で、仕掛け人に激怒し、VTRの大部分がカットとなった。この放送は翌日以降、様々なネットニュースで取り上げられ、バラエティタレントとして再ブレイクする可能性も浮上。しかしテレビ関係者の間では、彼の起用に関して慎重になっている流れがあるという。

「今回の『有吉反省会』で板東は、野球に詳しくない一般人でも知っている大谷翔平の名前すら答えられませんでした。すると視聴者からは『認知症ではないのか?』といった心配の声が殺到。この可能性は、すでに業界でも噂されていたようで、6月28日発売の『週刊現代』によれば、各局のプロデューサーは彼の扱いについて慎重に構えているとのこと。ただの演出で激怒しているだけなら問題ありませんが、万が一認知症の初期症状だった場合、病人を笑いものにしているとして問題になってしまうため、うかつなことはできないようです」(前出・テレビ誌記者)

今年で79歳を迎えた板東。まだまだテレビで元気な姿を見せてほしいが、記憶に関してイジる演出はリスクがあるかもしれない。
タグ:板東英二

松本人志 宮迫博之 [芸能]

6月30日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』でダウンタウンの松本人志が、吉本芸人による反社会的勢力の会合での闇営業問題に踏み込んで言及したようです

今回謹慎処分となった雨上がり決死隊・宮迫博之やロンドンブーツ1号2号・田村亮らは当初、闇営業に対する報酬は受け取っていないと話していたが、後に金銭の授受があったことを認めている。松本も、宮迫から「お金は受け取っていない」と説明されていたという。

「今回の騒動で、松本さんは“吉本に意見ができる立場の先輩”として、宮迫さんの話を聞いていたわけですが、結果的に嘘をつかれてしまった。松本さんは『ワイドナショー』の中でもかなり悔しそうな表情を浮かべていました。松本さんのショックはかなり大きかったと思いますよ」(テレビ局関係者)

番組内で宮迫に対し「クビでいいんです」とまで発言していた松本。その一方で、謹慎処分となったほかの芸人たちに対しては、同情している様子だった。

「宮迫さんや亮さんは、闇営業に参加しなくても十分に食べていけるだけの収入がありますが、吉本の仕事だけでは食べていけないがゆえに、闇営業に参加してしまったという芸人たちもいる。松本さんとしては、そういった芸人たちには情状酌量の余地があるのではないかという気持ちなんだと思います」(同)

今回謹慎となった芸人たちのうち、収入がそこまで多くない芸人たちについては、比較的早い復帰も予想され始めている。

「売れていない後輩芸人たちにしてみれば、先輩である宮迫さんや亮さんなどが参加している会合であれば、それなりに大丈夫だろうという気持ちもあったかもしれない。それに吉本からもらう給料も安いし、背に腹はかえられないという事情もあったと思います。また、そこまで売れていない芸人であれば、仕事に復帰したとしても、スポンサーなどに対する影響もあまりない。そう考えると、謹慎は1カ月くらいにとどめて、むしろ社会奉仕活動などをさせた方がよさそう。吉本としてもイメージ回復のために、そういった活動に取り組むべきですよ」(芸能記者)

宮迫については、かなり長い謹慎となりそうだ。

「不倫報道も含めてはじめての不祥事ではないし、闇営業に参加した芸人のなかでいちばんの先輩であるという責任も大きい。そして、松本さんを裏切ってしまったことの影響も大きいでしょう。仮に吉本が宮迫さんを復帰させようとしても、松本さんが首を縦に振らない限りは、なかなか戻ってこられないと思います。少なくとも1年、下手をすれば2年くらいの謹慎となってしまう可能性も高いのでは」(同)

ちなみに、不倫騒動のベッキーは約半年、矢口真里に至っては約1年半活動休止となった。

「ベッキーさんも矢口さんも、あくまでもプライベートの問題でしたが、宮迫さんについては反社会的勢力が出てくる問題。本人に認識がなかったとしても、より重大だと言える。ここでもし半年くらいで宮迫さんが復帰したら、今度は吉本に対して『甘い』という批判も出てくるでしょう。吉本としても宮迫さんの処遇について、適切な判断をしないと、その後の信用にも関わってくる。少なくとも矢口さんよりは謹慎期間を長くする必要があるのではないでしょうか」(同)

今回の騒動では、対応のまずさも目立っている吉本興業。宮迫の処分において、絶対に失敗はできないだろう。
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。