So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル
ニュース ブログトップ
前の10件 | -

大阪万博 [ニュース]

あの感動が再び-。1970年以来、55年ぶりに大阪に万博がやって来る。2025年国際博覧会の開催地が、パリで23日開かれた博覧会国際事務局(BIE)の総会で大阪に決定。誘致活動を進めてきた自治体や関西財界に喜びが広がった。2度目の大阪万博を契機に関西発のエンターテインメントを世界に発信したい-。誘致に協力したダウンタウンら関西ゆかりの芸能人もコメントを寄せたそうです

 ダウンタウンの浜田雅功(55)、松本人志(55)は2017年から大阪万博誘致アンバサダーを務めている。大阪・御堂筋で開催される大イベント「御堂筋ランウェイ」に2年連続で出演するなど、万博誘致を懸命にPR。今回の開催地決定で、2年間の努力が実を結んだ。

 2人はこの日、所属事務所を通じてコメント。

 松本「素晴らしい! 皆さまの地道な努力の結果だと思います。ダウンタウンは何もしておりません 特に浜田(笑)」

 浜田「素晴らしい! 皆さまの地道な努力の結果だと思います。ダウンタウンは何もしておりません 特に松本(笑)」

 漫才そのもののやり取りで笑わせた。

 2人は17年3月にアンバサダーに就任。全国的な知名度をいかし、大阪万博実現に向けた機運を盛り上げてきた。今月4日には、昨年に続き「御堂筋ランウェイ」にそろって登場。松井一郎大阪府知事(54)、吉村洋文大阪市長(43)と“最後のお願い”に精を出した。

 浜田の父は塗装職人で1970年の大阪万博でソ連館の壁のペンキを塗った縁もあり、松井氏は「万博開催が大阪に決定したら、今回は浜田さんにパビリオンのペンキを塗っていただこうと思っています」と語り、観衆を沸かせていた。
タグ:大阪万博

共通テーマ:日記・雑感

前澤友作社長 [ニュース]

株式会社ZOZOの前澤友作社長が22日、自身のインスタグラムを更新し、43歳の誕生日を迎えたことを報告。交際中の女優・剛力彩芽(26)が寄り添う写真をアップし、人気漫画「宇宙兄弟」の作者である小山宙哉氏が描いた自身の似顔絵のプレゼントも公開したようです

 前澤氏は「今日で43歳になりました。みんなからすっごいプレゼントいただいちゃいました」とつづり、月をバックに「ZOZO SUIT」と宇宙服を着た自身の似顔絵を披露。2023年に月旅行を計画している前澤氏は「小山宙哉先生ありがとうございます!!」と感激をつづり、インスタのアイコンを似顔絵にチェンジした。

 この投稿には仲間に囲まれ、隣で剛力が寄り添う写真もアップ。フォロワーからは「隣に、ちょこんと居る彩芽ちゃんが、これまた可愛い」「素敵な1年となりますように」「宇宙服の中のゾゾスーツが粋だ」「本当に素敵なプレゼント!!宝物ですね」など祝福の声が上がっている。

共通テーマ:日記・雑感

TSUTAYA バイトの不適切投稿 [ニュース]

株式会社TSUTAYAは15日、公式サイトで、愛知県東海市荒尾町の店舗アルバイトスタッフによる不適切なSNS投稿について謝罪したようです

 ネット上では、原爆投下の写真がプリントされたTシャツを過去に着用していたことなどが騒動となっている韓国の人気グループ「防弾少年団(BTS)」ファンのTSUTAYAの女性店員(スタッフ)が、バイト先のレンタルビデオ店で、客がBTSの悪口を話していたとして激怒。自身のSNSで、個人情報を取り扱う仕事上、「名前から性癖まで暴露可能だ」と脅迫めいたツイートをし、炎上する騒動となっていた。

 同社は15日、公式サイトに「店舗アルバイトスタッフによる不適切なSNS投稿に関するお詫び」と題して、「このたび、TSUTAYAのFC加盟企業が運営するTSUTAYA荒尾店のアルバイトスタッフのTwitter上での発言におきまして、大変不適切な表現がありましたことを、心より深くお詫び申し上げます」と謝罪を掲載。

 「今後は、このようなことが二度と起きぬよう、改めて社員・アルバイトスタッフへの啓蒙教育を通じて、再発防止に努めてまいります。」と記した。

共通テーマ:日記・雑感

16歳ご当地アイドル自殺 [ニュース]

愛媛県で活動していた16歳のご当地アイドル、大本萌景(ほのか)さんが自殺した背景には新聞テレビが報じない複数の闇がある。遺族に訴えられた事務所社長が伝説的なショーパブのダンサーだったというのはその最たるもので、そこにこそ彼の「コワモテ」の原点が

 萌景さんの遺族は、自殺の背景にパワハラや過酷な労働環境があったとして、所属事務所の「hプロジェクト」や同社の佐々木貴浩社長(50)を訴えている。損害賠償の請求は計およそ9200万円。事務所側と遺族との間に、萌景さんの転学費用や「辞めるなら1億円払え」発言をめぐる主張の食い違いがあるのは報道のとおりだ。

 ご当地アイドルとしての彼女の「育ての親」から一転、死の責任を追及される立場に陥った佐々木社長はこれまでどのような人生を歩んできたのか。

 愛媛県新居浜市出身の佐々木社長は、新居浜商業高校を卒業した後、一旦は松山市の「松山全日空ホテル」に就職。が、ほどなくしてそこを辞め、「マハラジャ」などのディスコを運営していた会社に入っている。

「彼はそこでショービジネスを学んで20代前半で独立。『まんま』っていう小さなショーパブを松山で始めるんや。彼はそこのママ兼メインダンサーでした」

 と、知人は言う。

「その店名もあって、僕らの間では佐々木さんは“まんまさん”で通ってた。なんで“まんま”かというと、一つは男=マンがママをしているから。もう一つは女装してメイクして踊っていても男のまんまだから、“まんまさん”。この店が大成功し、まんまさんは規模の大きな『さるタートル』っていうショーパブを経営することになった」

 その店は最大80人の客を収容できる「大箱」で、ショーを行うステージにはベルトコンベアーまで設置されていた。

「1日3回行われるショーは本格的なもので、メイクして踊ったり、コントみたいな感じで笑わせたり、本当に面白い店でした。男と女とニューハーフとおなべのダンサーが全部で14人くらいいて、客からは最低でも1人6千円は取っていた」(店の関係者)

「店はすぐにメチャクチャ繁盛して、福岡にも支店を出した他、『Sion』という女の子だけのショーパブや、女の子がSMショーをやる『タブー』という店も経営していた。まんまさんはすごい儲けていて、事務所の金庫には常に1千万円以上の現金が詰まっていたよ」(同)

 店に通っていた客の一人もこう振り返る。

「当時、“まんまさん”と言えば松山ではカリスマ的存在で、口が上手くて営業上手。客に飲ませるのも上手かった。客同士を競争させるのです。“ビールタワー”という文化があって、飲みきったビールの小瓶を積み上げていく。その高さを客同士に競わせ、“隣のお客さんもう3段いってますよ! 負けちゃいますよ!”と盛り上げてどんどん飲ませる」

 一方、店の従業員は“まんまさん”に絶対服従で、

「従業員の役職はマネージャー、サブマネージャー、チーフ、サブチーフ、ウェイター、キャップなどと細かく分けられていて、まんまさんが作った分厚いマニュアル本もあって、接客のやり方などが書いてあった。そのわりに給料はすごく安かった。無断欠勤したら給料なし、とか遅刻したら罰金といった規則もあった」(先の店の関係者)

 萌景さんが所属していた「愛(え)の葉(は)Girls」に「陰口1回につき3万円」といった罰則が設けられていたのはこの時の名残なのかもしれない。

逃げ出すダンサーも
「確かに給料は安かったけど、当時はあんまり気にせんかった。『さるタートル』で踊って、お客さんに拍手してもらって、スポットライトを浴びるのが楽しかったから。まんまさんから“スポットライトを浴びるのがお前らの給料だ”と言われたこともある」

 と、店の元従業員。

「ただ、朝まで飲んで、昼からはダンスの練習で、夜は店という生活なので、逃げ出す子もいっぱいいた。でも、逃げ出してもさがしに行くんですよ。まんまさんが“さがせ”って命じるもんだから。まんまさんの言葉は神の言葉ですからね。店から逃げて家に隠れていたり、県外に逃げ出した人もいました」

 言葉巧みに従業員の心を操り、逃げ出す者は徹底的に追い込む。そんな“コワモテ社長”は、

「サイドビジネスも好きで、いろんなものに手を出していた。ただ、まんまさんはあまりに人使いが荒く、金に汚いので従業員はどんどん辞めていき、十数年前に店は経営不振に陥った」(同)

 そんな佐々木社長が次に目をつけたのが「農業」だ。

「2008年に結婚した奥さんの実家が農家をやっていて土地を持っていたそうだけど、そこから『歌って踊って耕して』なんて思いつくわけやからやっぱりあの人、商才だけはあると思うわ」(同)

 それを合言葉に農業の魅力を伝えるというフレコミのアイドルグループ「愛の葉Girls」がデビューしたのは12年のこと。萌景さんが加わったのは、その3年後である。

「週刊新潮」2018年10月25日号 掲載

共通テーマ:芸能

ゴキブリが出やすい都道府県 [ニュース]

シェアリングテクノロジーは7月17日、「ゴキブリ実態調査」の結果を明らかにした。同調査は2015年5月~2018年4月、全国から寄せられたゴキブリ駆除相談に関するデータ4,365件をもとに分析したもの。

年間で最もゴキブリ駆除の相談が多かった月を集計したところ、1位は「7月」(832件)だった。次いで「8月」(751件)、「9月」(613件)となっている。「12月~2月」の真冬の時期も89件~94件あり、平均すると「88.6件/月」の相談があったことがわかった。

最も暑くなる8月よりも7月の相談件数の方が多いが、これは日本でよくみられるチャバネゴキブリの習性が関係するという。チャバネゴキブリが生きるのに適した気温は「25°C」で、全国的にこの適温に最も近い気温になるのが7月であるとのこと。

ゴキブリ駆除相談のデータから「どの都道府県が最もゴキブリが発生しやすいのか」を調べたところ、1位は「東京都」、2位は「沖縄県」、3位は「富山県」だった。東京都は人口密集度やゴミ排出量に関連していると考えられ、同様に人口密集度やゴミ排出量が多い愛知県(4位)、神奈川県(6位)、大阪府(10位)も上位にランクインしている。

3位に富山県がランクインした理由については、「湿度が非常に高い」という富山県の特徴が挙げられるという。1981~2010年における富山県の年間相対湿度は「77%」と沖縄県の「74%」より高い。ゴキブリは湿気の多い場所を好むという特徴があるため、多湿な富山県はゴキブリの生息に適した環境となっているとのこと。

ゴキブリを発見した場所について調べると、最も多い場所は「キッチン」(38.4%)だった。「リビング」(12.1%)、「風呂場」(9.1%)も多い。場所を問わず「家全体」は10.1%で「エアコン」も5.1%みられた。キッチン、風呂場、洗面所、トイレといった「水回り」でゴキブリを発見した割合は、全体の52.5%を占めている。

ゴキブリは掃除されていない家具の裏側を始め、不衛生な場所を移動している場合が多い。そのため食中毒を引き起こす「サルモネラ菌」や、赤痢の原因になる「赤痢菌」などの病原体を所有しており、人間が感染する危険度が高くなるという。

また、ゴキブリは狭い隙間にも入り込むことができるので、熱を発している家電の内部に侵入して暖を取る場合もあるそうだ。電子基板にゴキブリが触れると漏電の原因になり、家電の故障のほか、最悪の場合は火事になるケースも。

ゴキブリの外部からの侵入を防ぐためには、網戸が破れている場合は新しいものに張り替えることや、網戸とサッシの間に隙間がある場合は「すきまテープ」などでこまめに塞ぐのも良い。

このほか、家の中のゴキブリ対策として気をつけたいのが生ゴミ。ゴミ箱は密閉できるふた付きのものを選び、生ゴミを入れるゴミ袋は隙間ができないように固く結ぶことが大切とのことだ。

共通テーマ:日記・雑感

NTTドコモ 2年縛り見直し検討 [ニュース]

NTTドコモの吉沢和弘社長が毎日新聞のインタビューに応じ、2年間の継続利用を条件に月々の通信料を割引するいわゆる「2年縛り」について、見直しを検討していることを明らかにしたそうです

吉沢社長は「今秋ごろまでに見直しの具体的な内容をまとめ、公表したい」と話した。

 総務省の有識者会議は4月、「2年縛り」について、契約満了前に解約すると違約金が発生するほか、2年経過直後でも25カ月目の料金を払わないと解約や携帯電話会社の変更ができないことから、「利用者の意に沿わない負担を生じさせかねない」と懸念を表明。総務省は6月、違約金や25カ月目の料金のいずれも支払わずに解約できるよう求めていた。吉沢社長は具体的にどのように改善するかは検討中としながらも、「利用者からの声を真摯(しんし)に受け止め、対応したい」と述べた。

 有識者会議は中古端末の国内流通の促進も掲げたが、吉沢社長は「ドコモは最新の端末やサービスを提供する会社でありたい」と述べ、中古端末の販売を手掛ける考えはないとした。

 2020年にも商用化を目指す高速大容量の次世代移動通信システム「5G」については、20年より前にエリア限定でサービスを体験できるプレサービスの実施を検討しているとした。19年9~11月にラグビーのワールドカップ(W杯)が国内で開催されることから、試合の模様をスマートフォンに配信することなどを想定している。吉沢社長は「遅延がなく、高精細で臨場感がある5Gならではの映像を体感してほしい」と述べた。

共通テーマ:ニュース

カンニング竹山 [ニュース]

タレントのカンニング竹山が西日本を中心に襲った豪雨について、「西日本であれだけ甚大な被害が起こっているのに報道特番ではないんだ。。。」と東京キー局に対応についてツイートしたところ、フォロワーらから、「同じ事思っていた」「東京の放送局は東京以外は興味もない」「せめて水と食料がないことだけでも報道してほしい」などと竹山の考えに賛同する声が続々と寄せられているそうです

 竹山がツイートしたのは8日。豪雨により、死者が計80人に以上に上っていた。フォロワーらからは「こんなこと言いたくないけど、助かったタイの少年たちのニュースよりも、すでに100人単位で犠牲のニュースの方が重要。いまこの瞬間を闘ってるかもしれないのに。どうして格差って生まれるんでしょう?」「同じこと思ってた。ニュースで全然やっていなくてびっくり。どこのチャンネルまわしても、今重要なニュースをどの局も全くやってない。この現状にただただびっくり」「東京の放送局は東京以外は興味もないし違う国やと思ってるんやろ?」などと批判的な声があった。

 他方、「被災地にいます。正直被災地にマスコミが押し寄せるのは被災者の負担になります」としつつ、「けど必要以上にお金と時間をかけずに報道することは出来ると思います。するなら長時間押しかけてくるくせに、しないなら全く無し。地元局が頑張ってても意味が無い。せめて水と食料がないことだけでも報道してほしいです」と報道内容自体への意見もあった。

 また、「犠牲者のニュース流してどうするんですか?マスコミが被災者に取材したりしたらどうせケチつけるんですよね。気持ち考えろって。必要ならネットで見た方がすぐに色んな情報が手には入ると思いますけどね」との声もあった。

 竹山がツイートしたのは8日。豪雨により、死者が計80人に以上に上り、安否不明者は50人以上となっていた。岡山県倉敷市真備町地区では、川の堤防が決壊し、地区の約3割が浸水。建物の屋上などに千人以上が一時取り残されていた

共通テーマ:テレビ

紀州のドン・ファン [ニュース]

和歌山県田辺市の会社経営男性(77)が死亡し、遺体から覚醒剤成分が検出されたことを受けて、県警は3日までに、東京都内にある男性の家族と会社関係者の関係先を殺人容疑で家宅捜索した。捜査関係者への取材でわかった。県警は覚醒剤の摂取と死亡の因果関係について慎重に調べているようです

 捜査関係者によると、捜索したのは、新宿区の家族の関係先と港区の会社関係者宅。男性は5月24日夜に自宅で倒れ、死亡が確認された。司法解剖で、血液や胃の内容物などから多量の覚醒剤成分が検出された。捜査関係者によると、男性が倒れた時、この家族と会社関係者の2人が在宅していたという。

 男性は、市内で酒類販売業や不動産業などを営む資産家として知られ、多くの女性との交際をつづった本「紀州のドン・ファン」を2016年に出版。週刊誌などにも登場していた

共通テーマ:ニュース

非効率だと思う仕事 [ニュース]

meet inは5月31日、働き方改革に関する調査の結果を発表した。調査は5月17日、従業員規模50名以上の企業に勤める20歳~59歳会社員500人を対象にインターネットで行われたそうです

○働き方改革「取り組んでいる」が4割

勤め先の会社が働き方改革に取り組んでいるかを聞いたところ、「取り組んでいる」が41.0%、「取り組んでいないが検討している」が20.8%、「取り組んでいない」が38.2%となった。

取り組んでいる内容は、「残業時間の削減」(87.8%)、「休暇取得の促進」(61.5%)、「労働時間の短縮」(51.2%)、取り組んでほしい内容では「休暇取得の促進」(42.6%)、「働く環境・場所の改善」(40.6%)、「残業時間の削減」(36.6%)が上位となった。

実際に導入されている制度としては、「育児休暇」(76.6%)、「介護休暇」(51.2%)など休暇に関するものが上位に。「在宅ワーク」(16.1%)や「テレワーク」(11.2%)、「モバイルワーク」(10.2%)の導入は1割程度だった。

○テレワーク導入で効率「あがった」が7割

在宅ワーク・テレワーク・モバイルワークが導入されていると回答した人に、働いている場所を聞いたところ、「勤務先のオフィス」(85.1%)が最も多く、「自宅」(46.8%)、「カフェ」(27.7%)、「顧客・取引先のオフィス」(21.3%)、「サテライトオフィス」(17.0%)、「コワーキングスペース」(8.5%)と続いた。

在宅ワーク・テレワーク・モバイルワークのいずれかを導入したことによって、68.1%が仕事の効率が「あがった」と回答。導入前と後では「時間を有効活用できるようになった」(61.7%)、「ストレスが減った」(55.3%)、「仕事に集中できるようになった」(44.7%)などの変化があったという。

○非効率なもの「会議・打ち合わせ」が6割

職場で効率が良くないと感じることを聞いたところ、「会議・打ち合わせ」(62.8%)が最も多く、次いで「書類作成」(42.6%)、「勤怠などの社内手続き」(27.2%)、「経費処理」(17.2%)、「電話対応」(13.0%)や「取引先への移動時間」(11.8%)となった。

仕事の効率化につながると思うことは、「情報共有のデジタル化」(39.2%)、「業務フローの見直し」(38.6%)、「会議やMTGの回数を減らす」(33.8%)が多く選ばれた。

共通テーマ:日記・雑感

羽生結弦 自転車 [ニュース]

日本スケート連盟は26日、都内で表彰祝賀会を開催し、平昌五輪スケート競技のメダリストが共演した。フィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪連覇を成し遂げた羽生結弦(23)=ANA=は「僕、自転車乗れないんです」と衝撃の事実を口にしたそうです

スピードスケート選手が陸上トレーニングで頻繁に用いるバイクトレーニングについて、女子団体追い抜きメンバーに尋ねた羽生。4月に現役を引退した菊池彩花さん(30)が「基礎を作るためにやっています」と狙いを説明したが、羽生は「僕、自転車乗れないんです」と苦笑いで激白した。

関係者によると、これまで羽生は自転車に乗ったことがないという。「やれば半日くらいで乗れるとは思うのだけど」と関係者。金メダリストの衝撃の事実が判明した

共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - ニュース ブログトップ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。